注文住宅新築

蓄熱暖房機1台で全室暖房できる高気密・高断熱住宅

結露させない家全棟気密検査実施 C値0.8c㎡/㎡以下断熱材 アクアフォーム

内部結露で建物は寿命を縮め、シックハウスも発生する

 冬の日の窓ガラスにびっちりついた結露を気にされる方も多いと思いますが、本当に怖いのは、壁の中で進行している内部結露なのです。昔の家は結露しませんでした。気密も断熱もまるでできていなかったからです。ところが、現在では高気密高断熱化がすすみ、結露するのが普通の家になってきました。

 1971年のオイルショック以降、北海道では断熱材の施工が一般的になりましたが、内部結露により建物が腐食し、10年前後で建て替えを余儀なくされる家もあらわれ、大きな問題となりました。社会的に結露に対する知識がほとんど無かったのです。

 壁の内部で結露すると、乾きにくいのでカビやダニが発生し、シックハウスの原因となります。シックハウスの原因の60%以上はハウスダスト(ダニの糞尿や屍骸)なのです。戸建て住宅よりもマンションの方がシックハウス患者が多いのは結露のためです。

 また、水滴が土台にしたたり落ちると、土台が腐ったり、シロアリの被害を受けやすくなります。構造に非常に大きな影響を与えるのです。 内部結露をさせない家を建てることは工務店の使命と言っても過言ではありません。

 

北海道の結論・・・結露を防ぐには全室暖房しかない!

 結露対策として、屋外の気温と室温の差はよく研究されています。
外壁の通気工法やペアガラスサッシなどがそうです。

 しかし、上の図を見ていただければわかりやすいと思いますが、個室暖房をしていると建物の中で温度差が発生するので、間仕切壁で内部結露が発生します。このことはほとんど考慮されていません。

 家づくりは冬を中心に考えるべきです。光熱費の約60%は暖房と給湯など暖をとるために使われます。冷房はたったの4%ほどです。お年寄りがヒートショックで亡くなる住宅事故も冬に起こります。家が傷む結露も冬におこります。冬の家づくりは北海道に学べです。

 日本で真っ先に内部結露で悩んだ北海道が出した結論は、「内部結露を防ぐには全室暖房しかない!」 ということです。
 考えれば簡単なことです。下の図のように、全室暖房をすれば、建物内部には温度差が無くなります。すると結露もなくなります。

 空調費が大変だと心配される向きもありますが、本当に高気密高断熱の家づくりができれば大丈夫です。大吉建設の家なら、全室暖房をしても普通の家で個室暖房をするよりも電気代は安くなります。実績豊富で自信ありです。


「気流止め」は結露対策のキーワード

 通常の木造住宅では、図の青い部分や矢印の部分で空気が流れます。特に手を抜いてるわけではなく、そんなものです。
 だから、天井裏や基礎の換気口から入ってきた冷たい空気が壁の中まで入ってきます。これでは全室暖房をしても、内部結露は発生します。温度差が発生するからです。

 内部結露を防ぐためには、図の青い部分や矢印の部分で空気が流れないようにするために、木材でフタをしたりします。この作業を気流止めと言い、結露対策ではとても大切な工程です。

 大吉建設では床を合板にすること、天井裏の換気口を設けないことで、対応しています。

 

基礎断熱で床下を冷やさない

 基礎に換気口を設けるのは、昔、布基礎にして土をむき出しにした家づくりの名残りです。土からあがってくる湿気で建物が傷まないようにしていたのです。しかし、現在は防湿シートを二重で敷き、その上からコンクリートを打設しています。その意味では不要になっています。

 逆に基礎の換気口は、雨天時にはかえって湿気を建物内に呼び込んだり、シロアリの侵入路となるなど弊害の方が大きくなっています。何よりも、冬には冷たい空気が床下に入り込むことによって、内部結露の原因となる温度差をつくることになります。基礎断熱は気密を重視した工法です。だから床下換気口を設けないことで、結露対策になるのです。

 基礎コンクリートが乾燥する過程ででる水蒸気はどうするのか?といった意見もありますが、これは打設後1年ぐらいでほぼ出尽くしてしまうため、最初の1年だけ、半年に1度で2回ですね、床下収納庫などを開放し扇風機で風を送ってあげたら充分かと思います。

 

防湿気密シートで水蒸気を壁内に入れない

 内部結露をさせないためには水蒸気を壁の中に入れないことです。水蒸気は湿度の高いほうから低い方へと流れます。つまり、人が生活することによって発生する水蒸気が多い室内から、室内と比較して水蒸気が少ない壁内にうつろうとします。それは壁材(ボードなど)を透過して入ってきます。それを防ぐために、壁材を施工する前に防湿気密シート(水蒸気を透過させないもの)を貼るのです。そして外部では、外装材の下地に透湿防水シートを貼ります。ややこしいですね。これは外部からの水分をはね返し、壁内の水蒸気を外部に逃がすものです。ちなみに、透湿防水シートは多くの会社が施工していますが、防湿気密シートを施工している会社はほとんどありません。

 大吉建設では、外周面の壁には全て防湿気密シートを施工します。内部の間仕切壁には施工しません。全室暖房で温度差をつくらない家づくりをしているからです。

 

 最後に一言申し上げると、結露対策がしっかりと考えられていない家は欠陥住宅であると言っても過言ではありません。

 内部結露は住宅の寿命を縮め、シックハウスの最大の原因となるのです。また、断熱材を濡らすと、断熱効果もほとんどなくなります。これは欠陥住宅です。

  • 大吉建設の工法素材について詳しく知りたい方はコチラ 無料資料請求はコチラから
  • 実際に大吉の家を体感してみたい方はコチラ 最新見学会情報はこちら
 

ページ先頭へ

大吉建設株式会社 〒630-8146 奈良県奈良市八条町398-1 
TEL / 0120-411-359 受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 火曜日・水曜日

info@daiyoshikensetsu.com