採用情報

キーワードで知る大吉建設
奈良建築業界イベーター大吉建設

1 耐震診断・耐震補強はパイオニア   “耐震補強”

◇ 2004(平成16)年2月16日 奈良新聞

奈良県下で耐震診断、耐震補強工事の実績が最も豊富であるという理由で、 耐震診断について奈良新聞の取材を受けました。 これがきっかけで奈良テレビでも二度、耐震のことについてテレビ取材を 受けました。

2007(平成19)年には、これまで学んできた耐震について現地で勉強したく、 能登半島地震、新潟中越沖地震と二度の大地震のボランティア活動に会社 をあげて参加しました。この時の経験で、当社の家づくりや耐震補強には 強く自信を持つようになりました。 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(日本最大のリフォーム団体)の ホームページのトップでも、吉信社長のブログ「工事現場日記」が 長年、紹介されていました。

現在でも吉信社長は、大阪や奈良で工務店や設計事務所のスタッフさん向け に耐震診断の勉強会で講師を務めています。

2 奈良県下初の BELS☆☆☆☆☆   “高気密・高断熱”

◇2016(平成28)年11月1日 奈良新聞

大吉建設では2006(平成18)年より高気密・高断熱住宅に 取り組んできました。多くの方がご自宅の断熱性能にご不満を お持ちであり、「ここをしっかりすれば、ほとんどの方に満足される 家になる」と考えたからです。

近年、高気密・高断熱住宅は省エネルギーで地球環境にやさしい のみでなく、人の健康にもいい影響を与えることがわかってきました。 スマートウェルネスと言います。このような背景から、国は断熱性能の 統一基準を作りました。

奈良県下の工務店で初めて最高評価 BELS☆☆☆☆☆を獲得 したのが新聞記事になりました。

これは当社の標準仕様で評価していただきましたので、これまでの 取り組みが評価されたと感謝しています。

BELS評価の参考基準

◇2017(平成29)年2月 ナント経済月報

気密・断熱性能を高めた「快適な住まいづくり」を提案

3 全国の工務店が見学に!   “シックハウス対策・電磁波対策

◇2017(平成29)年3月17日 奈良新聞

大吉建設では2011(平成23)年より抗酸化住宅「いやしろの住まい」 に取り組んできました。シックハウスでお困りの方に相談されても、 具体的な解決策を示すことができなかった無力感がきっかけです。

近年のシックハウスの傾向から2016(平成28)年より、電磁波対策 にも注力するようになりました。電磁波対策の権威である丸山修寛 先生との出会いがあり、教えを請いました。

西日本で初めての電磁波対策の新技術『生命の響システム』 を用いた住宅の見学会に全国から31名の方がいらっしゃいました。 参加会社の所在地は新潟、岐阜、茨城、東京、愛知、兵庫、京都、 岡山、広島、鳥取、徳島です。まさに全国から大吉建設の技術を 学びに来てくださったのです。

電磁波過敏症と診断されて、夜もかゆみで眠れなかったお子さんが よく眠れるようになり、ひどいアトピーがどんどん治っていく様子を 住まい手様から直接聞かれて、みなさん、とても感心されていました。 その後、当社 HOUSING STUDIO NARA にて当社の健康増進住宅 への取り組みについてお話しさせていただきました。

電磁波過敏症でひどいアトピーが治っていく様子

4 住宅用VRの導入も奈良県下一番乗り!  

◇2017(平成29)年6月26日 奈良新聞

以前より「図面だけではイメージしにくい」といったお客様の声について、 なんとかお応えしたいと考えていました。

VR(仮想現実)が住宅用でも開発され、メーカーにプレゼンしてもらった ところ、すぐれもので、すぐに導入しました。 これも奈良県の工務店では初めてでしたので、記事にしていただきました。 ありがとうございます。

VR住宅用

自分の家として設計した建物の中を、ドアを開けて歩き回り、 自分の動きに合わせた目線で間取りを確認できるのです。 キッチンや棚の高さなども、感じることができます。

リフォームでもVRを使った提案は可能です。とても面白いです。
体験はお気軽にお申込みください。予約が必要です。

ページ先頭へ

大吉建設株式会社 〒630-8146 奈良県奈良市八条町398-1 
TEL / 0120-411-359 受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 火曜日・水曜日

info@daiyoshikensetsu.com