ホームだいよしの家づくり家づくりの流れ

お問い合わせ・資料請求

家づくりの流れ

一般的な家づくりの流れを紹介しています。

ここから本文です。

失敗しない家づくりのスタートは「資金計画」から

資金計画

家づくりは資金計画から始まります。資金計画と見積もりは根本的に考え方が異なります。諸費用も含めた総額を決定し、土地と建物にいくらずつ配分するのか計画を立てるのです。この時におすすめしたいのは、ファイナンシャルプランナーによるライフプランシュミレーションです。子どもの教育費や老後資金まで視野に入れて、家づくりにかけてもいい金額を判断します。

建築会社の決定

資金計画の相談などの過程で、建築会社を決定するのが望ましいと思います。もっと遅くても間に合いますが、本来、建てたい建築会社で土地をさがすほうが満足度が高くなると思います。「この土地なら、こんなお庭の使い方ができますか?」など、設計前に意思の疎通を図ることができることは、家づくりにとって大いにプラスになります。

土地探し

土地にかけてもいい金額を決定してから、土地をさがしはじめます。この時に住宅ローンの事前審査を出すことをおすすめしています。事前審査のOKが出ると、

  1. 予算総額が明確になるため、より詳細な計画が立てられる
  2. 土地の売主さんに対して、価格交渉がしやすくなる(有利になる)

といったメリットがあります。この場合、仮に土地を決めないといけませんし、建物の見積もりが必要になりますので、住宅会社の協力が必要になります。
※大吉建設でもお手伝いさせていただきます。

建物の詳細打ち合わせ

一般的には、打ち合わせをしてプランを作成し、見積もり、ご契約と進んでいきます。そして契約すると、即着工の段取りで家づくりが進んでいきます。
この場合、どうしても事前の打ち合わせが不足して、着工してからの追加や変更が多くなり、当初の資金計画が守れなくなる、とういったケースが頻繁に発生します。
建築会社もまだ建てられるかどうかわからないタイミングでは、あまり突っ込んで詳しい打ち合わせをしかねるのです。

プランニング最終予算の決定

大吉建設ではこの弊害を重視し、大まかな建築予算の提示でご契約をいただき、その範囲の中で打ち合わせおよび設計をすすめさせていただきます。ご依頼いただけることがはっきりしていますので、打ち合わせも最初から詳細なものとなり、結果的に追加および変更がほとんどないといった非常に好ましい状態で家づくりが進みます。

着工

資金計画から着工まで、土地をさがす時間をのぞいて4ヶ月から6ヶ月ぐらいかけるのが望ましいかと思います。ローコスト系の住宅会社では、この間をつめようつめようとされるところもありますが、あまりいい結果にはならないように思います。

このページの先頭へ