やっぱり「人」ですね

先週、退院してきました。外の空気は一ヶ月ぶりです。ようやくいまの生活に慣れてきました(笑)。

今回、途中で転院しましたので、二つの病院を続けて経験しました。ちょっとしたことでシステムというかやり方が違うことも多く、転院した直後はいくぶんとまどいもありました。どちらがいいかは、正直なところそれぞれの内容によって私の評価は分かれました。

ならして言うとどちらがいいかな・・・とヒマにまかせてベッドの上で考えていましたが、結局、システムや待遇はどうでもいいと思うようになりました。やはり、看護師さんの雰囲気だとかお人柄が全てだなと感じました。

明るかったり、親切だったり「この人が来てくれると嬉しいな」と感じる看護師さんがたまたま続いたら、「もうしばらく入院が伸びてもいいか」などと思わぬこともありせんが(笑)、不愛想だったり、患者を物のように扱う看護師さんが続くと「一日も早く帰りたい」という想いがつのります。

私の感覚では、看護師さんが10人いたら前者の嬉しい看護師さんが2人。後者の寒い看護師さんが3人。どちらとも言えない普通の看護師さんが5人といったところですかね。失礼ながら正直な感想です。

つまり、看護師さんにいい人が多かったら、食事の内容やその他の待遇なんかどうでもいいと思いますが、逆に看護師さんに気づまりを感じると、他がよくてもどうにも居心地が悪い感じです。

結局は人やなと。これは私どもの商売でも一緒だなと改めて感じました。住宅のスペックももちろん大切ですが、やはり「この人ならまかせられる」と思ってもらえる人でないとどうにもならんなとつくづく再認識いたしました。

修行ですね、修行(微笑)。

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
膝の調子はずいぶんマシになり、かなり歩きやすくなりました。しかし、腰はまだまだで一時間座ると結構しんどいです。まだまだですね。少なくとも年内はあかんと思います。
では、またお会いしましょう!