プロ野球 FA

何を隠そう私は大のプロ野球ファンです。まあ、この工事現場日記を読んでくださっている方はみなさんご存知だと思いますが(微笑)。

毎年、オフシーズンにはにぎやかなFAの話題ですが、私は今年はFAの流れが大きく変わる年になったかと思います。あとから振り返って、プロ野球の歴史のターニングポイントとなるのではないかとすら思います。

従来のFA選手の移籍って、たいていはBクラスのチームや不人気球団から「優勝できるチームに行きたい」とか「満員の球場でプレーしたい」と言って、強くて人気のある球団にいくのがパターンでした。もちろん、年俸などの条件が大きかったとしても、大義名分というか理由付けとして上記のことが抜きにはならなかった。

優勝チームから出ていくことはまずない、これまでは2位チ-ムですら選手が出ていくことはほとんどなかったのではないか。

ところが今年は、広島から丸が出る。西武から浅村がでる、菊池はまあおいとこう。こんなことはこれまでのFA市場ではほとんどみられなかったことです。つまり、チームメートと一緒に優勝したいといった仲間意識や連帯感よりも、勤務地(住所)なども含めた個人の条件が優先される時代に入ってきたという感じ。

日本の野球も練習方法や文化などは全く平行線をたどっていますが、年俸の高騰やこういう個人主義だけはどんどんアメリカナイズされていってますね。いいとか悪いとか言ってるんじゃないですよ。

とにかく、今年のプロ野球は新しい流れを生みました。さて、来年以降、どんな移籍が生まれますか。

全然、関係ないが個人的には球団を増やさんといかんと思う。6球団でCSやってレギュラーシーズンで勝率5割切ってても日本一になる可能性がある制度って何かおかしいと思うのは私だけですかね(微笑)。
———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
最近、靴下が自分ではけるようになりました。いいぞ、この調子!
では、またお会いしましょう!