子ども論語教室

本日、第1回子ども論語教室を開催しました。何で工務店がそんなことをと思われる方も多いかと思います。色々なことをやりたかったのですが、全てひっくるめると子ども論語教室になりました(笑)。

まず、私なりに地域社会に貢献と申しますか、他人様のお役に立つことがしたいと。40歳をすぎたあたりから、そんなことをずっと考えてきましたが、自分らしいことでお宅に立ちたいという想いが強くなりました。

現在の学校教育の貧困さを鑑み、子どもの人格教育に問題意識はあっても手段を持たない親御さんにはとても喜ばれるのではないかと思いました。

次に、工務店ビジネスの一環として、会社を中心軸として大切なOBのお客様がつながりやすいコミュニティを作りたいという希望も長年持っておりました。秋まつりなどは年に一度ですし、継続的にお客様とお会いできるような場が欲しいなあと、それも私らしい場ということを考えていました。

最後に、二階のセミナールームですが、予定が入らず空いている日も多く、せっかく持ってる施設なのにもっと有効に活用したいなあという思いもありました。そんなのをぜんぶひっくるめて出てきた答えが子ども論語教室です。

どれだけニーズがあるかわからないけど、とにかくやってみようと始めました。

今日の論語は
「子曰く、君子は諸を己に求め、小人は諸を人に求む」
「子夏曰く、小人の過つや、必ず文る」

今日の偉人伝は織田信長でした。これはその場の子どものリクエストです。さて、来月は誰の話をさせてくれるかな(微笑)

幸い、そこそこ好評だったと思いますので、しばらくは続けようと思います。みなさんもよかったら、一度ご参加ください。次は2月24日日曜日10:00~10:40です。予約必要です。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
大坂なおみ、やりましたね!事実上、アメリカ人なのに日本人として出場しているのは、無名時代から応援してくれた日本への義理立てだとか。そのへんの浪花節は日本人ですね!(微笑)。
では、またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)