ユーチューブでお客様の声を!

最近、ユーチューブを始めました。必要にせまられてのことです。フェイスブックもインスタグラムもそうでした。やらないと時代についていけないとの脅迫観念にかられて始めました(笑)。

会社によって色々な使い方をされていらっしゃいますが、私個人的にはフェイスブックとインスタグラムを連動させて全く同じ投稿になるというのはあまり感心しません。あくまでも個人的な意見です(微笑)。

ですから大吉建設では、フェイスブックはイベント情報や土地情報、補助金情報、建築について知っておきたい知識など、新築やリフォームをお考えの方にプラスになる情報をお届けしています。

インスタグラムでは、施工例の写真を紹介しています。新築もリフォームもです。ちょっとした造作のヒントにもなるかと思います。

さて、そのユーチューブではお客様の声を動画でアップしています。時代は動画ですからね(微笑)。まさに「勝手につくることができない生の声」ですから、より伝わるものがあるのじゃないかと思います。

ぜひ、大吉建設のユーチューブをご確認ください!
https://www.youtube.com/channel/UCGxJHgCfrQXFUHfDfYsE6tA?view_as=subscriber

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
実は前々から予定があったのですが、来週の火曜水曜と下呂温泉まで家族旅行に行ってきます。ついこないだまで、一ヶ月休んでおり、このあとはお正月も控えているので、休みっぱなしの感じです(苦笑)。年があけたら頑張らんと!
では、またお会いしましょう!

 


プロ野球 FA

何を隠そう私は大のプロ野球ファンです。まあ、この工事現場日記を読んでくださっている方はみなさんご存知だと思いますが(微笑)。

毎年、オフシーズンにはにぎやかなFAの話題ですが、私は今年はFAの流れが大きく変わる年になったかと思います。あとから振り返って、プロ野球の歴史のターニングポイントとなるのではないかとすら思います。

従来のFA選手の移籍って、たいていはBクラスのチームや不人気球団から「優勝できるチームに行きたい」とか「満員の球場でプレーしたい」と言って、強くて人気のある球団にいくのがパターンでした。もちろん、年俸などの条件が大きかったとしても、大義名分というか理由付けとして上記のことが抜きにはならなかった。

優勝チームから出ていくことはまずない、これまでは2位チ-ムですら選手が出ていくことはほとんどなかったのではないか。

ところが今年は、広島から丸が出る。西武から浅村がでる、菊池はまあおいとこう。こんなことはこれまでのFA市場ではほとんどみられなかったことです。つまり、チームメートと一緒に優勝したいといった仲間意識や連帯感よりも、勤務地(住所)なども含めた個人の条件が優先される時代に入ってきたという感じ。

日本の野球も練習方法や文化などは全く平行線をたどっていますが、年俸の高騰やこういう個人主義だけはどんどんアメリカナイズされていってますね。いいとか悪いとか言ってるんじゃないですよ。

とにかく、今年のプロ野球は新しい流れを生みました。さて、来年以降、どんな移籍が生まれますか。

全然、関係ないが個人的には球団を増やさんといかんと思う。6球団でCSやってレギュラーシーズンで勝率5割切ってても日本一になる可能性がある制度って何かおかしいと思うのは私だけですかね(微笑)。
———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
最近、靴下が自分ではけるようになりました。いいぞ、この調子!
では、またお会いしましょう!

やっぱり「人」ですね

先週、退院してきました。外の空気は一ヶ月ぶりです。ようやくいまの生活に慣れてきました(笑)。

今回、途中で転院しましたので、二つの病院を続けて経験しました。ちょっとしたことでシステムというかやり方が違うことも多く、転院した直後はいくぶんとまどいもありました。どちらがいいかは、正直なところそれぞれの内容によって私の評価は分かれました。

ならして言うとどちらがいいかな・・・とヒマにまかせてベッドの上で考えていましたが、結局、システムや待遇はどうでもいいと思うようになりました。やはり、看護師さんの雰囲気だとかお人柄が全てだなと感じました。

明るかったり、親切だったり「この人が来てくれると嬉しいな」と感じる看護師さんがたまたま続いたら、「もうしばらく入院が伸びてもいいか」などと思わぬこともありせんが(笑)、不愛想だったり、患者を物のように扱う看護師さんが続くと「一日も早く帰りたい」という想いがつのります。

私の感覚では、看護師さんが10人いたら前者の嬉しい看護師さんが2人。後者の寒い看護師さんが3人。どちらとも言えない普通の看護師さんが5人といったところですかね。失礼ながら正直な感想です。

つまり、看護師さんにいい人が多かったら、食事の内容やその他の待遇なんかどうでもいいと思いますが、逆に看護師さんに気づまりを感じると、他がよくてもどうにも居心地が悪い感じです。

結局は人やなと。これは私どもの商売でも一緒だなと改めて感じました。住宅のスペックももちろん大切ですが、やはり「この人ならまかせられる」と思ってもらえる人でないとどうにもならんなとつくづく再認識いたしました。

修行ですね、修行(微笑)。

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
膝の調子はずいぶんマシになり、かなり歩きやすくなりました。しかし、腰はまだまだで一時間座ると結構しんどいです。まだまだですね。少なくとも年内はあかんと思います。
では、またお会いしましょう!