子ども論語教室

本日、第1回子ども論語教室を開催しました。何で工務店がそんなことをと思われる方も多いかと思います。色々なことをやりたかったのですが、全てひっくるめると子ども論語教室になりました(笑)。

まず、私なりに地域社会に貢献と申しますか、他人様のお役に立つことがしたいと。40歳をすぎたあたりから、そんなことをずっと考えてきましたが、自分らしいことでお宅に立ちたいという想いが強くなりました。

現在の学校教育の貧困さを鑑み、子どもの人格教育に問題意識はあっても手段を持たない親御さんにはとても喜ばれるのではないかと思いました。

次に、工務店ビジネスの一環として、会社を中心軸として大切なOBのお客様がつながりやすいコミュニティを作りたいという希望も長年持っておりました。秋まつりなどは年に一度ですし、継続的にお客様とお会いできるような場が欲しいなあと、それも私らしい場ということを考えていました。

最後に、二階のセミナールームですが、予定が入らず空いている日も多く、せっかく持ってる施設なのにもっと有効に活用したいなあという思いもありました。そんなのをぜんぶひっくるめて出てきた答えが子ども論語教室です。

どれだけニーズがあるかわからないけど、とにかくやってみようと始めました。

今日の論語は
「子曰く、君子は諸を己に求め、小人は諸を人に求む」
「子夏曰く、小人の過つや、必ず文る」

今日の偉人伝は織田信長でした。これはその場の子どものリクエストです。さて、来月は誰の話をさせてくれるかな(微笑)

幸い、そこそこ好評だったと思いますので、しばらくは続けようと思います。みなさんもよかったら、一度ご参加ください。次は2月24日日曜日10:00~10:40です。予約必要です。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
大坂なおみ、やりましたね!事実上、アメリカ人なのに日本人として出場しているのは、無名時代から応援してくれた日本への義理立てだとか。そのへんの浪花節は日本人ですね!(微笑)。
では、またお会いしましょう!

稀勢の里引退に想う・・・横綱の品格

日本中の方が思っていらっしゃると思いますが、この度の稀勢の里の引退劇はかえすがえすも痛恨事でした。

私は輪湖時代より40年来の大相撲ファンですが、19年間も日本人横綱が現れない鬱屈をはらしてくれたのが稀勢の里でした。まして、このしばらくの横綱は朝青龍や白鵬など、横綱相撲の言葉の意味を理解せず、横綱としての品格も持ち合わせず、ただ強いだけの力士であって、彼らを横綱と認めたくないのは私だけではありますまい。いや、はっきりと言える、白鵬は横綱ではない。

稀勢の里はその意味でも、「ようやく横綱らしい横綱が生まれる」と日本中のファンの期待を集めたと思います。隆の里の指導よろしく、大相撲の伝統と文化を守ることが期待された横綱の誕生でした。しかし、昇進後は悪夢のようなシナリオになってしまいました。

あのケガを押しての出場は、貴乃花の二の舞になるとの嫌な予感というか確信的な不安を感じさせました。「なんで親方は止めないのか!」とテレビに向かって叫びたい思いでした。せめて次の場所から全休してたら、結果は変わっていた気がしてなりません。

そのケガも横綱に昇進して初めての場所のことだったので、結局、稀勢の里は一場所も満足な身体で臨むことができなかったわけです。まさに悲運の横綱と言わざるを得ないし、涙なくしては語れない想いです。

貴乃花は志なかばで断念したとはいえ、母体のないところから貴景勝など楽しみな力士を育てた。稀勢の里も、隆の里に鍛えられたように次世代の力士を育ててもらいたい。

——————————————————————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
長女のひなちゃんは学校の課題に追われて大変そうです。私は建築系の学校に通ったととがないのでよく知りませんでしたが、建築って「ブラック学科」なんて言われているそうですね。ひなちゃん、頑張れ!
では、またお会いしましょう!

久しぶりに聞きました

先日、電話で土地さがしの相談を受けたのですが会話の途中で、この工事現場日記を読んでくださっていることがわかりました。実は結構久しぶりです(笑)。

以前はわりと頻繁にお客様から「いつも読んでいます」「楽しみにしています」等の声をかけていただいたものですが、近年はめっきり減りまして、今回は特に感覚があいて4~5か月ぶりかと思います(苦笑)。

やっぱり、そう言っていただくと嬉しいもので、また頑張って書こうかなという気になります(微笑)。

やはりフェイスブックを始めたのが一つの転機でした。どうしても工事現場日記にかけるエネルギーがフェイスブックに奪われていったことは否めません。一時はやめたこともあったぐらいなんです。

次女の誕生日の日に書き始めてはや15年、これまでに書いた日記(?)は972本。現在のペースでいくと今年の夏ぐらいには通産1000話を達成するかと思います。

依然と比べると、頻度のみでなく、内容的にも淡泊になってきているので、もう少し濃いものを書こうかなどとちらほら考えています。今後ともよろしくお願いいたします。

——————————————————————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
昨日から妻が東京に行っているのですが、昨夜の友人とのディナーをご馳走させていただきました。喜んでもらえたようで、これも久しぶりに妻孝行ができました(微笑)。
では、またお会いしましょう!

謹賀新年 2019

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

個人的にはあまり面白くなかった2018年が終わりました。いきなりネガティブな雰囲気ですいません(笑)。

今年は公私ともに色々とやり返さんといかん年だと思っています。昨年のケガのおかげで春までは慣らし運転でいかないといけないのですが、ぼちぼち頑張ります。

お正月というのは色々なことがリセットできる気分になっていいですね。また、寒いのがいいです。寒いからこそ厳粛な気持ちになって、去りゆく年の反省や来たる年の希望や抱負が芽生えやすいと思うのです。これがもし夏だったらそうはいかんと思います。日本が北半球でよかった!

日本のお正月はいい!とおじいさんのようなことを言って筆を置きたいと思います。

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
FBでも書きましたが、昨年は一度も忘年会に参加しませんでした。おそらくこれは、私が忘年会なるものに参加するようになって初めてのことです。だって、記憶にないんですから(笑)。
では、またお会いしましょう!