私にとっての平成

 私は昭和40年生まれです。大学に入るのに1年浪人しましたので、社会人1年生は平成元年でした。

ですから私にとっては、昭和とは子ども時代、平成とは仕事一筋時代とくっきりと色分けされているのです。

そしてここへきて、仕事一筋も卒業しようとして転換期を迎えます。またしても、このタイミングで改元です。私の一生は改元の度にサイクルが変わります。

平成の時は、大げさではなく、本当に命がけで仕事をしてきたという自負があります。決して家庭をかえりみなかったわけではありませんが、「家庭より仕事」とレッテルを貼られて妻に二度捨てられかけたほどです(笑)。

働き方改革なんてものではありませんが、ワークライフバランスを見直すタイミングでこの改元。来たるべき令和は私にとってどのような時代になるのかとても楽しみです(微笑)。

追伸 今上陛下、本当にお疲れ様でした。これからは安らかにお過ごしいただきたいと切に願います。

———————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
初夏のような日が続いたかと思えば、この数日はまた少し肌寒いですね。みなさん、風邪など召されぬようご自愛ください。
では、またお会いしましょう!

腰の手術

先週の土曜日ですが腰の手術をしました。二年半ぶり二度目です。

若いころからずっと悩まされていた腰痛も、前回の手術以来ずいぶんとマシになっていたのですが、昨年の骨折以来、またしても慢性的な腰痛に悩まされるようになり、今回の手術にいたりました。

詳しくは書きませんが切らない手術です。体への負担はあまりありませんので、私はいい方法だと思っています。実は私の話を聞いてその病院に行かれた方が二人いらっしゃいます(微笑)。

おかげさまで、だいぶ楽になりました。靴下をはく動作も楽になりましたし、何より、くしゃみをしても痛くないのが助かります。くしゃみが怖くなくなったのは本当に助かります。これから、もう少し仕事のギアを上げたいと思います。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
阪神タイガース、あきませんね。もう悔しいというよりも情けない感じです。もう、今年は最下位でもいいから若手を使い続けて育ててもらいたいと思います。
では、またお会いしましょう!

タイガー・ウッズ、マスターズ14年ぶり優勝!

朝、テレビで見てました。いやあ、よく勝てましたね。すごい。

私もゴルフをするもののはしくれですから、タイガー・ウッズはもちろん特別な存在でした。テレビでプレーを見ていてため息をつかせてくれたのは、セベ・バレステロス以来。

ご存知の通り、この10年ぐらいはスキャンダルにまみれ、体も壊して手術も数度、もう誰もがタイガー・ウッズは終わったと思っていた。淋しかったが、ほとんど過去の人だった。

しかし、この大舞台で見事な復活劇!人間、くさらんと努力したら神様はおるもんだなと改めて実感。正直なところ、今回はそれほど強さは感じさせなかった。でも、またあの強いタイガーが見られるかと、少し楽しみになった(微笑)。

—————————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
我が阪神タイガースは今年も苦しそうですね。
では、またお会いしましょう!

新築の点検・・・ほっこりしました

当社では、新築住宅の定期点検を行っていますが、先月は2件、5年点検に行ってきました。

2件ともちょっとした補修事項を見つけて、こちらから後日の修繕を申し出ました。すると、また一つ信頼関係が深まったような気がして、なんとなく嬉しかったです。仕事の基本ってこんなところにあるんだなあと改めて実感しました。

その手直しも、先日2件とも終わりましたが、1件でおじいさんがニコニコしてお庭のみかんの木を指さして「みかん、持って行き」と強くすすめてくださいます。それで、その場でみかんを3っつもいで「これだけいただいていきます」とお礼を言うと、「もっと持って行きない!10個ぐらい持って行きない!」といってどんどんもいで渡してくれます。

このおじいさんは、耐震診断の依頼から始まって、リフォームで4回お世話になった後、離れの新築をさせていただいてもう5年です。13年ほどのお付き合いになります。

ありがとうございます。アフターで回っているのに、少しほっこりしました。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
先日、次女かんちゃんの高校の入学式がありました。いつも思いますが、過ぎた時間を振り返ると早いものですね。私もおっさんになっていくはずです。そのうちにおじいさんですね(笑)。
では、またお会いしましょう!

イチロー国民栄誉賞辞退

イチローが国民栄誉賞を辞退したが三度目だという。あれほどのスーパースターの胸中は我々凡人にははかりかねるが、何か意固地な気もする。少なくとも謙虚とは思いにくい。

打診してきた政府のメンツを三度もつぶしていいのか。あれだけの実績を残したイチローでも受けないのに、次に打診された人が受けにくくならないか。

そんなことを考えると、そろそろ「光栄です」と受けるべきではないかと思う。欲しくなくっても。

昔、阪急の福本が「立ちションもできんようになる」と言って辞退したことがあるが、これは何やら微笑ましかった(微笑)。でも、今回のイチローにはそういう後味のよさが感じられない。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
東京ドームでの3連戦はみじめでした。負けたという以前に勝負になっていない。今年もあかんか。矢野さん、ファームでやった野球をやろうよ!
では、またお会いしましょう!