大学建築学科の実験棟

先日、長女が通う武庫川女子大学の建築学科を妻と見学に行ってきました。恥ずかしながら、全く予備知識がなく、こんな立派なところで勉強していたんだと驚きました。

なんでも建物は元々「甲子園ホテル」と言い、東の帝国ホテル、西の甲子園ホテルと言われたほど格式の高いホテルで天皇家の御用達でもあり、皇居のように天皇が国民に対して手をふる舞台(?)まで用意されている建物です。

設計はあのフランクロイドライトの弟子にあたる遠藤新。中をゆっくりと案内していただき、その建物の豪華さに度肝を抜かれました。その建物を建築学科の学生が使ってるなんて、なんてぜいたくなことかと驚きもしたし関心もしました。

また、驚いたのは、新館に実験棟なるものがあり、学生が木造の軸組を組み立てたり、コンクリートを打つための鉄筋を編んだりする大きな作業場があり、プロの大工さんでもあまり持っていないような立派な工作機械もたくさんありました。

私は文系なので建築学科なんて通ったことがなかったのですが、大学ってこんな設備を持ってるんだと驚くばかりでした。敷地内の環境も最高で、娘がうらやましくなりました。私もこんなところで勉強してみたかった(微笑)。

これまで「授業料って高いなあ!」と常々感じていましたが、「これはしゃあないか・・・」とも思い始めました。う~ん、でもやっぱり払うときには高い!(笑)

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
今日は久しぶりに、自分で床下にもぐります。ちゃんと出てこれますかね(笑)。
では、またお会いしましょう!

子どもの病気も悪くない

三女のななちゃんが腸炎で学校を休んでいます。熱は下がりましたが昨日の朝までは下痢がひどくてかわいそうでした。

普通に考えると、子どもの体調不良なんてマイナスでしかありませんが、私は子どもとの接点も増えるし看病を通じて親子のきずなも深まるので、悪いことばかりでもないなと感じています。

変な話ですが、昔から娘たちは風邪などによる発熱などの体調不良の後はしばらく従順になる気もします(笑)。

今回も久しぶりに少し、ななちゃんと二人でおしゃべりして、「たまにはこういうのも悪くないなあ」などと考えていました。もちろん、そんなことが無いのにはこしたことがないのですが。

まあ、世の中に全ていいことも悪いこともありませんね(微笑)。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
腰の方はそれなりに落ち着いてきつつあるのですが、五十肩もどきのほうがいまいちです。今年はゴルフもできないかな。
では、またお会いしましょう!

建築士定期講習の内容は?

先日、建築士の定期講習に行ってきました。はい、3年に一度受けないといけないやつです。

建築基準法など法律の改正点も教えてくれるのですが、「これは聞いとかんとあかんなあ」と感じました。結構変わっているのに知らないことが多かったんです。恥ずかしい。例えば、用途地域に「田園住居地域」が新設されたとか。知ってました?

ならしていうと勉強になったことが多かったのですが、耐震や断熱・シックハウスのところなどは「内容が浅いなあ」と感じました。もう少ししっかり書いてもらいたいレベル。すると私は、耐震・断熱・シックハウス以外のところでは、その「内容が浅い」レベルで勉強になるところ(水準)におるんだなあと、やや淋しい反省。

最後のテストも意外に難しかったです。3月に管理建築士の講習もうけたのですが、テストはそれよりも易しいだろうと考えていましたが、予想に反してこの定期講習のテストの方が難しかったです。まあ、軽く9割はとれてるので心配はしていませんが、久しぶりに時間いっぱいつかいました。

3年後の定期講習が少しだけ楽しみになりました。

—————————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
昨日は次女かんちゃんの体育祭でした。行ってみたいなとは思ったのですが、昨日は意外に盛りだくさんだったので断念しました。一度は行ってみたいと考えています(微笑)。
では、またお会いしましょう!

私にとっての平成

 私は昭和40年生まれです。大学に入るのに1年浪人しましたので、社会人1年生は平成元年でした。

ですから私にとっては、昭和とは子ども時代、平成とは仕事一筋時代とくっきりと色分けされているのです。

そしてここへきて、仕事一筋も卒業しようとして転換期を迎えます。またしても、このタイミングで改元です。私の一生は改元の度にサイクルが変わります。

平成の時は、大げさではなく、本当に命がけで仕事をしてきたという自負があります。決して家庭をかえりみなかったわけではありませんが、「家庭より仕事」とレッテルを貼られて妻に二度捨てられかけたほどです(笑)。

働き方改革なんてものではありませんが、ワークライフバランスを見直すタイミングでこの改元。来たるべき令和は私にとってどのような時代になるのかとても楽しみです(微笑)。

追伸 今上陛下、本当にお疲れ様でした。これからは安らかにお過ごしいただきたいと切に願います。

———————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
初夏のような日が続いたかと思えば、この数日はまた少し肌寒いですね。みなさん、風邪など召されぬようご自愛ください。
では、またお会いしましょう!

腰の手術

先週の土曜日ですが腰の手術をしました。二年半ぶり二度目です。

若いころからずっと悩まされていた腰痛も、前回の手術以来ずいぶんとマシになっていたのですが、昨年の骨折以来、またしても慢性的な腰痛に悩まされるようになり、今回の手術にいたりました。

詳しくは書きませんが切らない手術です。体への負担はあまりありませんので、私はいい方法だと思っています。実は私の話を聞いてその病院に行かれた方が二人いらっしゃいます(微笑)。

おかげさまで、だいぶ楽になりました。靴下をはく動作も楽になりましたし、何より、くしゃみをしても痛くないのが助かります。くしゃみが怖くなくなったのは本当に助かります。これから、もう少し仕事のギアを上げたいと思います。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
阪神タイガース、あきませんね。もう悔しいというよりも情けない感じです。もう、今年は最下位でもいいから若手を使い続けて育ててもらいたいと思います。
では、またお会いしましょう!

タイガー・ウッズ、マスターズ14年ぶり優勝!

朝、テレビで見てました。いやあ、よく勝てましたね。すごい。

私もゴルフをするもののはしくれですから、タイガー・ウッズはもちろん特別な存在でした。テレビでプレーを見ていてため息をつかせてくれたのは、セベ・バレステロス以来。

ご存知の通り、この10年ぐらいはスキャンダルにまみれ、体も壊して手術も数度、もう誰もがタイガー・ウッズは終わったと思っていた。淋しかったが、ほとんど過去の人だった。

しかし、この大舞台で見事な復活劇!人間、くさらんと努力したら神様はおるもんだなと改めて実感。正直なところ、今回はそれほど強さは感じさせなかった。でも、またあの強いタイガーが見られるかと、少し楽しみになった(微笑)。

—————————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
我が阪神タイガースは今年も苦しそうですね。
では、またお会いしましょう!

新築の点検・・・ほっこりしました

当社では、新築住宅の定期点検を行っていますが、先月は2件、5年点検に行ってきました。

2件ともちょっとした補修事項を見つけて、こちらから後日の修繕を申し出ました。すると、また一つ信頼関係が深まったような気がして、なんとなく嬉しかったです。仕事の基本ってこんなところにあるんだなあと改めて実感しました。

その手直しも、先日2件とも終わりましたが、1件でおじいさんがニコニコしてお庭のみかんの木を指さして「みかん、持って行き」と強くすすめてくださいます。それで、その場でみかんを3っつもいで「これだけいただいていきます」とお礼を言うと、「もっと持って行きない!10個ぐらい持って行きない!」といってどんどんもいで渡してくれます。

このおじいさんは、耐震診断の依頼から始まって、リフォームで4回お世話になった後、離れの新築をさせていただいてもう5年です。13年ほどのお付き合いになります。

ありがとうございます。アフターで回っているのに、少しほっこりしました。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
先日、次女かんちゃんの高校の入学式がありました。いつも思いますが、過ぎた時間を振り返ると早いものですね。私もおっさんになっていくはずです。そのうちにおじいさんですね(笑)。
では、またお会いしましょう!

イチロー国民栄誉賞辞退

イチローが国民栄誉賞を辞退したが三度目だという。あれほどのスーパースターの胸中は我々凡人にははかりかねるが、何か意固地な気もする。少なくとも謙虚とは思いにくい。

打診してきた政府のメンツを三度もつぶしていいのか。あれだけの実績を残したイチローでも受けないのに、次に打診された人が受けにくくならないか。

そんなことを考えると、そろそろ「光栄です」と受けるべきではないかと思う。欲しくなくっても。

昔、阪急の福本が「立ちションもできんようになる」と言って辞退したことがあるが、これは何やら微笑ましかった(微笑)。でも、今回のイチローにはそういう後味のよさが感じられない。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
東京ドームでの3連戦はみじめでした。負けたという以前に勝負になっていない。今年もあかんか。矢野さん、ファームでやった野球をやろうよ!
では、またお会いしましょう!

プロ野球開幕

私にとっては待ちに待ったプロ野球の開幕です。待ちに待ったとは大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に野球の無い季節は淋しいものです。

こんな言葉があるどうです。「アメリカには季節が二つしかない。野球のある季節と野球の無い季節だ!」

誰の言葉か知りませんが、名言です。私はもちろんアメリカ人ではありませんが、気持ちはよくわかります。

昨日、野球中継を見ていると、妻が「もう始まったか」と不快気に言います。野球は好きじゃないのでうるさいだけだそうです。年に5回は「野球はうるさいから嫌い」と言われます(苦笑)。月に1回ともいえる。

野球ももっと気軽に見たいものです(笑)。自分が好きじゃなくても、「野球が始まってよかったネ!」ぐらい言える妻ならよかったのですが・・・。

—————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
最近、「平成最後の・・・」というフレーズにすっかり辟易しておりまして、もうええやろという感じです。何でもかんでも平成最後のって言わんでもええと思うが。
では、またお会いしましょう!

「論語の本を買いました!」

今日は第3回子ども論語教室でした。いつもメモをとりながら熱心に聞いてくださるおかあさんがいらっしゃるのですが、論語の本を買って声に出して読んでいるとのこと。

「こんなこと、やってくれるとこないですよね!」
「声に出して論語を読むのが新鮮でした」
「大人が聞いてもためになるし面白い」
と言ってくださって、私は感謝感激です(微笑)。

実は先日、ようやく全体の枠組みができました。全18回で一周するともう一度最初からやります。いつから聞いていただいても、18回で大切な考え方を学ぶことができるという構成です。

これまで私が論語を学んできた本です。こんな風に使うことがあるなんて、思いもしませんでした(微笑)。

今日、お昼からお客様が私の腰のお見舞いに来てくださいました。その話になり、「私も連れてきたいけど、まだ早いかなと思って・・・」とのこと。早くないですよ!論語は5歳ぐらいでやるのがいいんです。幼稚園でバッチリなんですよ(微笑)。

————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
最近、思うところあって毎日、英語の勉強を少しずつしています。結構、覚えてるものです。自慢じゃありませんが、英語は得意科目でした。でも、ヒヤリングにまだ耳がなれません。
では、またお会いしましょう!