ホームだいよしの家づくり抗酸化住宅「いやしろの住まい」

お問い合わせ・資料請求

抗酸化住宅「いやしろの住まい」

空気がきれいで健康が増進される抗酸化住宅

ここから本文です。

喜びの声が続々と!

  • アトピーがよくなった!
  • アレルギーがよくなった!
  • 花粉症がよくなった!
  • よく眠れるようになった!

新築でも

リフォームでも

その他の声電磁波の時間シックハウスの時間

いやしろの住まいは、脳血流がよくなって頭の働きもよくなります!

脳が教えてくれる本物の家 -いい住宅かどうかは脳が教えてくれるー100歳健康住宅:「いやしろの住まい」

~子どもが利口になる家づくり、住む人が住めば住むほど健康になる家づくりを目指した結果が出た~

「100年住宅」という言葉をご存知ですか?これは「家が100年もつ」という耐久性を指して使われる言葉です。「いやしろの住まい」は「100年、家がもつ」だけでなく「その家に住む人が100年間健康に過ごせる」という意味の「100歳健康住宅」を提案しています。「いやしろの住まい」に数時間居るだけで脳の働きが良くなることが「NIRS(ニルス)」という脳の働きを調べる機械によって、明らかになりました。数時間居るだけで脳の働きが良くなるのだから、この家に住むならば、子どもが賢く育ったり、年齢を重ねても脳の働きが衰えなくなったりする可能性があります。「いやしろの住まい」の、電磁波シックハウス対策・化学物質シックハウス対策が、このような素晴らしい結果を生み出しているようです。もちろん、アレルギー疾患のある方にとっては、文句なしのお家です。

これらの画像は「NIRS(ニルス)」の検査の結果です。検査した部位は、脳の「前頭前野(ぜんとうぜんや)」と呼ばれる部分(額の部分)で、その働きは「思考・コミュニケーション・記憶のコントロール・情動の抑制」など「人間らしさ」を司っています。脳に流れる血液の量(脳血流量)が多いほど、脳は活性化すると言われており、額の部分の赤色が濃くなります。反対に、額の部分の青色が濃くなるほど、脳血流量は少なく、活性化していないことを示しています。

このように、一般家屋と「いやしろの住まい」では、脳の働きが、これほどにも違うことが解ります。
ちなみに、成人男女2名にも同じ実験を行ったところ、同様の結果が出ました。

文責:ウィ・スロウ脳科学研究部門
顧問 丸山修寛
主任研究員 斎藤緑

いやしろの住まい ハウスオーナー様インタビュー動画

 

いやしろ三大工法とは?

1. 土地から健康・長寿に!いやしろ炭埋設工法

まるで森林浴をしているような空気環境を実現!

土地には優良な土地(イヤシロチ)と、向かない土地(ケガレチ)があります。「いにしえの知恵」に学び、独自開発した様々な炭素質よりなる『癒しろ炭』を地中に埋設し炭素の力を借りて土地に望ましい電気の流れをつくり、十九巻を抗酸化空間に変えます。

このように、いやしろ炭埋設工法は、先述のマイナスイオン優位(抗酸化)環境のベースを構築し、森林浴をしているかのような清々しい住空気環境を実現させる技術です。

2. 建物も健康・長寿に!微粉炭添加基礎工法

建物全体をマイナスイオンで優位環境に!

建物は、足元である基礎が大切です。癒しろ炭埋設工法の効果を高め、建物全体にその効果を伝えるのが微粉炭添加コンクリート(モルタル)基礎工法です。

厳選された複合セラミック炭素を住宅の基礎(モルタル)に混入し、建物全体をマイナスイオン優位環境に改善します。その素材から放出される人体に有益な遠赤外線は、直接人間に働きかけるだけでなく、周辺の空気に反応し、マイナスイオンを生成します。

3. 人の体を健康・長寿に!S.O.Dリキッド工法

室内を遠赤外線効果でより健康に!

S.O.Dリキッドは珊瑚などの化石と、海洋成分ミネラル天然素材が原材料の液体で、壁や天井にスプレーすることで、室内を人体に有益な遠赤外線を効率的に放射する環境にします。

これにより有害な揮発性化学物質を抑制すると共に、室内をマイナスイオン優位環境に保つことで、癒しろ炭埋設工法と微粉炭添加基礎工法の効果を完全なものとします。

このページの先頭へ