ホームリフォーム&リノベーション耐震診断・耐震補強工事

お問い合わせ・資料請求

耐震診断・耐震補強工事

耐震診断と耐震補強の実績はトップクラス

ここから本文です。

既存住宅の耐震診断と耐震補強の実績トップクラス!

手前味噌で恐縮ですが、大吉建設は奈良では既存住宅の耐震診断と耐震補強の実績がトップクラスです。これまでに、耐震について、奈良テレビや奈良新聞の取材を受けてきました。2007年には能登半島地震、新潟中越沖地震の際、ボランティアとして現地入りし、不謹慎ですが、「どんな家が倒れて、どんな家が残るのか」それまでに勉強してきたことをじっくりと確認してきました。

いま、どのような補強をすれば大地震で家が倒れないのか、理論だけでなく、体感としても提案させていただくことができます。

リフォームの際には、必ず耐震診断を行い、必要な補強をするのがおすすめです。

耐震診断とは・・・

耐震診断とは、いまのお住まいが現行の建築基準法上の基準を満たしているかどうかを確認する作業です。現在のルールでOKなら大丈夫という考え方です。主に耐力壁の量とバランスを見ますが、基礎や老朽度なども考慮されます。

ポイントとして、昭和56年5月以前の建物は、非常に弱い可能性があります。平成12年6月以降の建物は、違法建築、または雨漏りや蟻害などにより大きく損傷していない限り、安心していいかと思われます。
それは、それぞれのタイミングで大きな建築基準法改正があったからです。

老朽度も判断しますので、耐震診断とは住まいの健康診断でもあります。
ぜひお受けになり、必要な補強をされて、安心してお暮しになることを願います。

*画像をクリックすると大きくなります。

総合評価

耐力壁 配置図

保有耐力計算書

耐震診断でチェックするところ

すじかいの厚みを計測
金物がついているか確認

土台含水率の測定
20%を超えていると傷みやすい

床下湿度の測定
老朽化や蟻害のバロメーター

シュミットハンマー
基礎コンクリートの強度測定

   

耐震補強の実例

ホールダウン金物の設置
柱の接合方法の補強

壁耐力の補強

基礎クラックの補強
二液性のエポキシ樹脂挿入

このページの先頭へ