そこまでせんでもいいやろ・・・ことなかれ主義には辟易する

コカインを吸ったとかいうかどで芸能人が逮捕され、彼が出ていた色々な番組に影響が出ているという。

特に大河ドラマなどは、すでに放映したものまで取り直すという。こういう騒ぎの時はいつも思うが、そんなことする必要がありますか?

CMなどは企業の判断でやめたらいいし、今後の収録も代役でいいと思うが、すでに放映したものまで取り直すとか、場合によっては過去の映画の上映まで自粛するとか、そこまでせんでもええやろと思います。

結局、ことなかれ主義が行き過ぎているとしか思えないです。いまの世の中、万事がそんな風潮になってきていると思いますが、どんなに少数意見でも否定的なことを言う人がいたらとりやめにしてしまう。何のポリシーもなく、ただ目の前の批判や非難をかわしたいだけ。

そう思うと、そういう自粛って私にすればむしろマイナスイメージですね。毅然とした対応で、「それとこれは別」ってはっきり言って放映するほうがよほどさわやかに思いますがどんなもんでしょう?

PS もちろん犯罪の規模や内容によってはこの限りではありませんが、今回は一人の男がコカイン吸っただけなんでしょ。

————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
昨夜、テレビで消えた天才という番組を見ていました。結構好きで時間があえば見ています。いつも思うのは、世に出るためにはやはり運というのも必要だなということです。
では、またお会いしましょう!

リフォームセミナー、なんぼでも教えるけど・・・

今朝、あまり気分のよくない電話がかかってきた。なりき(二年目の設計部のホープ)が出たのだが、
「大阪でリフォームをやっている会社ですが、3月31日のリフォームセミナーはどんなことを話すのか教えて欲しい」とのこと。

なりきは当然のことながら、詳しい内容はわからないので(私が一人で準備をしているため)、「確認します」と返したところ、「同業者には言えないんですね」と言って電話を切ったという。ろくに話も聞かんうちに一人合点して、しょうもないというか可哀そうな人だなと思った。そんなもんなんぼでも教えたるのに・・・。

変な話だが、私はニッシー(5年目の現場管理)が「そこまで教えていいんですか」と心配するほど、周りの工務店に情報を出しているので、大阪のリフォーム屋さんにセミナーの内容の話をするぐらい全く何の躊躇もないのだが。

実際に、他の工務店さんに家づくり大学を聞いていただいたこともあるぐらいなので、よかったら聞かせてあげまっせ!といったところです。逆に「同業他社が聞きに来る」って宣伝してやるわい!(笑)。

最近になって、やはりうちのというか私の持ち味はセミナーだと思いました。最近はリフォームの話をしていないので、楽しみにしています。みなさん、ぜひお申込みください。

————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
近年は毎年最後まで見ていた大河ドラマですが、今年はやめてしまいました。時代背景も内容も悪くはないのですが、つまらない演出が多すぎる。ウケを狙っているのでしょうが、そんなもん誰も大河に求めてないと思います。
では、またお会いしましょう!

家づくり大学で風水の話をします

これまで家づくり大学の最終日は設計をテーマに三講座やってきましたが、これまでやってきた設計課題にチャレンジする時間をとりやめにして、これからは風水や鬼門について一講座を設けることとしました。

理由としては、喜んでやってくださる方も多いのですが、考えることを面倒がる方も少なくないということが一つ(苦笑)。そして、家相や鬼門についてはよく質問を受けますので、やはり関心の高い要素であるのかなと思ったことが一つです。

講座として、どのような反応になるかはまだ未知数なのですが、とにかくやってみようと思います。

次は3月10日です。一時は満員御礼も出しましたが、キャンセルも出ましたので、よかったらお申込みください。初日の第1講から順番にお聞きになりたい方は、次回第38期は4月21日スタートです。お早めにお申し込みください。

————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
明後日は三女ななちゃんの誕生日です。もう13になります。食事のリクエストは毎年「おかあさんの作ったオムライス」です(微笑)。今年は何かな?
では、またお会いしましょう!

ネトウヨ

最近、ネトウヨなる単語をよく目にする。正直なところ不愉快です。インターネット上で右翼的な発言をする人という意味らしい。

ごく当たり前の愛国心や国家観を口にすると「右翼」だと言ってさげすんだりする現在の風潮は非常に危険だと思います。日教組やマスコミによる反日左翼教育もここまできているかと改めて嘆息。

国の祝日に国旗を掲げるなんてことは、世界的にみてもごく当たり前のことと思いますが、私の妻でも「右翼だと思われるからやめて欲しい」とのたまう。おそらく、有史以来、これほど国旗や国歌をないがしろにしている国は現在の日本だけであろう。実に嘆かわしい。

もし、愛社精神のない社員ばかりなら、そんな会社は先が長くないでしょう。もし、愛校心のない先生や生徒ばかりなら、まともな教育は成り立たないと思います。いまは一生懸命に愛国心のない若者を育てようとしている。これでは、日本は危うい。

ちなみに、右翼とされる人たちが時としてきわどい言動をとるのは、彼らは日本人ではない。中国人や朝鮮人がやっている。その証拠には、右翼の街宣車には「中日友好」や「韓日友好」と書かれている。この語順は日本人のものではない。これも愛国心を訴える者は危険というイメージを植え付ける反日左翼勢力の陰謀だと思われる。

普通のことを言えば「右」と言われる。ややこしい国になってしまった。

PS おそらくこの投稿で、私も「ネトウヨ」と言われるのだろう(苦笑)。全く偏ってはいないと思うが・・・。

————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
またしても、前回書いた日記が消えてしまっている。なんでだろう?せっかく頑張って書いたのに(泣)。これは大丈夫かな。
では、またお会いしましょう!

子ども論語教室

本日、第1回子ども論語教室を開催しました。何で工務店がそんなことをと思われる方も多いかと思います。色々なことをやりたかったのですが、全てひっくるめると子ども論語教室になりました(笑)。

まず、私なりに地域社会に貢献と申しますか、他人様のお役に立つことがしたいと。40歳をすぎたあたりから、そんなことをずっと考えてきましたが、自分らしいことでお宅に立ちたいという想いが強くなりました。

現在の学校教育の貧困さを鑑み、子どもの人格教育に問題意識はあっても手段を持たない親御さんにはとても喜ばれるのではないかと思いました。

次に、工務店ビジネスの一環として、会社を中心軸として大切なOBのお客様がつながりやすいコミュニティを作りたいという希望も長年持っておりました。秋まつりなどは年に一度ですし、継続的にお客様とお会いできるような場が欲しいなあと、それも私らしい場ということを考えていました。

最後に、二階のセミナールームですが、予定が入らず空いている日も多く、せっかく持ってる施設なのにもっと有効に活用したいなあという思いもありました。そんなのをぜんぶひっくるめて出てきた答えが子ども論語教室です。

どれだけニーズがあるかわからないけど、とにかくやってみようと始めました。

今日の論語は
「子曰く、君子は諸を己に求め、小人は諸を人に求む」
「子夏曰く、小人の過つや、必ず文る」

今日の偉人伝は織田信長でした。これはその場の子どものリクエストです。さて、来月は誰の話をさせてくれるかな(微笑)

幸い、そこそこ好評だったと思いますので、しばらくは続けようと思います。みなさんもよかったら、一度ご参加ください。次は2月24日日曜日10:00~10:40です。予約必要です。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
大坂なおみ、やりましたね!事実上、アメリカ人なのに日本人として出場しているのは、無名時代から応援してくれた日本への義理立てだとか。そのへんの浪花節は日本人ですね!(微笑)。
では、またお会いしましょう!

稀勢の里引退に想う・・・横綱の品格

日本中の方が思っていらっしゃると思いますが、この度の稀勢の里の引退劇はかえすがえすも痛恨事でした。

私は輪湖時代より40年来の大相撲ファンですが、19年間も日本人横綱が現れない鬱屈をはらしてくれたのが稀勢の里でした。まして、このしばらくの横綱は朝青龍や白鵬など、横綱相撲の言葉の意味を理解せず、横綱としての品格も持ち合わせず、ただ強いだけの力士であって、彼らを横綱と認めたくないのは私だけではありますまい。いや、はっきりと言える、白鵬は横綱ではない。

稀勢の里はその意味でも、「ようやく横綱らしい横綱が生まれる」と日本中のファンの期待を集めたと思います。隆の里の指導よろしく、大相撲の伝統と文化を守ることが期待された横綱の誕生でした。しかし、昇進後は悪夢のようなシナリオになってしまいました。

あのケガを押しての出場は、貴乃花の二の舞になるとの嫌な予感というか確信的な不安を感じさせました。「なんで親方は止めないのか!」とテレビに向かって叫びたい思いでした。せめて次の場所から全休してたら、結果は変わっていた気がしてなりません。

そのケガも横綱に昇進して初めての場所のことだったので、結局、稀勢の里は一場所も満足な身体で臨むことができなかったわけです。まさに悲運の横綱と言わざるを得ないし、涙なくしては語れない想いです。

貴乃花は志なかばで断念したとはいえ、母体のないところから貴景勝など楽しみな力士を育てた。稀勢の里も、隆の里に鍛えられたように次世代の力士を育ててもらいたい。

——————————————————————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
長女のひなちゃんは学校の課題に追われて大変そうです。私は建築系の学校に通ったととがないのでよく知りませんでしたが、建築って「ブラック学科」なんて言われているそうですね。ひなちゃん、頑張れ!
では、またお会いしましょう!

久しぶりに聞きました

先日、電話で土地さがしの相談を受けたのですが会話の途中で、この工事現場日記を読んでくださっていることがわかりました。実は結構久しぶりです(笑)。

以前はわりと頻繁にお客様から「いつも読んでいます」「楽しみにしています」等の声をかけていただいたものですが、近年はめっきり減りまして、今回は特に感覚があいて4~5か月ぶりかと思います(苦笑)。

やっぱり、そう言っていただくと嬉しいもので、また頑張って書こうかなという気になります(微笑)。

やはりフェイスブックを始めたのが一つの転機でした。どうしても工事現場日記にかけるエネルギーがフェイスブックに奪われていったことは否めません。一時はやめたこともあったぐらいなんです。

次女の誕生日の日に書き始めてはや15年、これまでに書いた日記(?)は972本。現在のペースでいくと今年の夏ぐらいには通産1000話を達成するかと思います。

依然と比べると、頻度のみでなく、内容的にも淡泊になってきているので、もう少し濃いものを書こうかなどとちらほら考えています。今後ともよろしくお願いいたします。

——————————————————————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
昨日から妻が東京に行っているのですが、昨夜の友人とのディナーをご馳走させていただきました。喜んでもらえたようで、これも久しぶりに妻孝行ができました(微笑)。
では、またお会いしましょう!

謹賀新年 2019

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、本当にありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

個人的にはあまり面白くなかった2018年が終わりました。いきなりネガティブな雰囲気ですいません(笑)。

今年は公私ともに色々とやり返さんといかん年だと思っています。昨年のケガのおかげで春までは慣らし運転でいかないといけないのですが、ぼちぼち頑張ります。

お正月というのは色々なことがリセットできる気分になっていいですね。また、寒いのがいいです。寒いからこそ厳粛な気持ちになって、去りゆく年の反省や来たる年の希望や抱負が芽生えやすいと思うのです。これがもし夏だったらそうはいかんと思います。日本が北半球でよかった!

日本のお正月はいい!とおじいさんのようなことを言って筆を置きたいと思います。

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
FBでも書きましたが、昨年は一度も忘年会に参加しませんでした。おそらくこれは、私が忘年会なるものに参加するようになって初めてのことです。だって、記憶にないんですから(笑)。
では、またお会いしましょう!

ユーチューブでお客様の声を!

最近、ユーチューブを始めました。必要にせまられてのことです。フェイスブックもインスタグラムもそうでした。やらないと時代についていけないとの脅迫観念にかられて始めました(笑)。

会社によって色々な使い方をされていらっしゃいますが、私個人的にはフェイスブックとインスタグラムを連動させて全く同じ投稿になるというのはあまり感心しません。あくまでも個人的な意見です(微笑)。

ですから大吉建設では、フェイスブックはイベント情報や土地情報、補助金情報、建築について知っておきたい知識など、新築やリフォームをお考えの方にプラスになる情報をお届けしています。

インスタグラムでは、施工例の写真を紹介しています。新築もリフォームもです。ちょっとした造作のヒントにもなるかと思います。

さて、そのユーチューブではお客様の声を動画でアップしています。時代は動画ですからね(微笑)。まさに「勝手につくることができない生の声」ですから、より伝わるものがあるのじゃないかと思います。

ぜひ、大吉建設のユーチューブをご確認ください!
https://www.youtube.com/channel/UCGxJHgCfrQXFUHfDfYsE6tA?view_as=subscriber

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
実は前々から予定があったのですが、来週の火曜水曜と下呂温泉まで家族旅行に行ってきます。ついこないだまで、一ヶ月休んでおり、このあとはお正月も控えているので、休みっぱなしの感じです(苦笑)。年があけたら頑張らんと!
では、またお会いしましょう!

 


プロ野球 FA

何を隠そう私は大のプロ野球ファンです。まあ、この工事現場日記を読んでくださっている方はみなさんご存知だと思いますが(微笑)。

毎年、オフシーズンにはにぎやかなFAの話題ですが、私は今年はFAの流れが大きく変わる年になったかと思います。あとから振り返って、プロ野球の歴史のターニングポイントとなるのではないかとすら思います。

従来のFA選手の移籍って、たいていはBクラスのチームや不人気球団から「優勝できるチームに行きたい」とか「満員の球場でプレーしたい」と言って、強くて人気のある球団にいくのがパターンでした。もちろん、年俸などの条件が大きかったとしても、大義名分というか理由付けとして上記のことが抜きにはならなかった。

優勝チームから出ていくことはまずない、これまでは2位チ-ムですら選手が出ていくことはほとんどなかったのではないか。

ところが今年は、広島から丸が出る。西武から浅村がでる、菊池はまあおいとこう。こんなことはこれまでのFA市場ではほとんどみられなかったことです。つまり、チームメートと一緒に優勝したいといった仲間意識や連帯感よりも、勤務地(住所)なども含めた個人の条件が優先される時代に入ってきたという感じ。

日本の野球も練習方法や文化などは全く平行線をたどっていますが、年俸の高騰やこういう個人主義だけはどんどんアメリカナイズされていってますね。いいとか悪いとか言ってるんじゃないですよ。

とにかく、今年のプロ野球は新しい流れを生みました。さて、来年以降、どんな移籍が生まれますか。

全然、関係ないが個人的には球団を増やさんといかんと思う。6球団でCSやってレギュラーシーズンで勝率5割切ってても日本一になる可能性がある制度って何かおかしいと思うのは私だけですかね(微笑)。
———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
最近、靴下が自分ではけるようになりました。いいぞ、この調子!
では、またお会いしましょう!