ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション道具の使い方

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

道具の使い方

先週のことなのだが、シンと一緒に庭に歩くための石をすえていた。平板なのでだいたいの水平に注意しながらの作業になる。

私は「目で見た印象」だけでどんどん作業をすすめていく。シンは小さい水平器を持って、ああでもないこうでもないとやり直している。途中で私が一声かけた。
「そんな小さいやつで見てもわからんやろう」
「大きい奴も持ってるで」

でもシンはその小さな水平器での作業に、不審をいだくことなく続けた。
終了後、シンの並べたほうの石がどうも傾いているように見えたが、シンは水平器を使用している自分の方に「分がある」と感じているようで、その傾斜が実感できない。

「試してみようか」と私が大きな水平器を持ってきてあてがってみると、私の作業分は高い精度で水平がでていたが、シンの作業分はやはり水平が出ていなかった。
「石は表面に凹凸があるから、そんな正確にはかられへんで。大きいやつでも置く場所で変わるから、目で見たほうが安定するで」

「道具に頼ったらダメってことですかね」とシンは言ったが、少し違う。道具に頼らないと、とても仕事は出来ないが、使い方が適切でないとかえって無いほうがいいということだ。
人間の五感も、以外に正確な道具になりうる。もちろん、時と場合によるが。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
先日、鴻池運動公園に長女のコマ無し自転車の練習に行ってきました。最初はベソをかいて逃げ出したい様子でしたが、執拗にやらせるうち、急にコツをつかんだのか、上手く乗ることが出来るようになりました。とても嬉しそうで、私も嬉しくなりました。何かをつかんでくれたら・・・と感じました。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ