ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクションきっしゃんのこと

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

きっしゃんのこと

きっしゃんは、基本的におとなしくて温厚な性格なのですが、意外にいらちで気分にもむらがあり、二重性格のようなところがあります(笑)。諸事、控えめで自己主張など全くしないので、私などは「もうちょっと自分をだせよ」と感じることも多いのですが、きっしゃんは、その方が居心地がいいのだろうなと納得しています。

会社の中では一番の古株なので、当然のことながら、お客様のことを一番知っている社員です。それに加えて、敵を作らないきっしゃんは本当に多くのお客様に愛されて、当社にはなくてはならぬ存在です。私などは、味方してくださる方も多いのですが、敵もたくさんいるタイプなのできっしゃんには脱帽です。

これまで、多くのお客様からきっしゃんのことで私が褒めていただきました。「社長さんはいい社員さんをお持ちですね」と。私にとって最高の褒め言葉なのですが、きっしゃんのおかげで、たくさん聞くことができています。本当にありがとう。

でも、意外に思われるかもしれませんが、きっしゃんはかなりずぶとい(笑)。私が叱っても、どこ吹く風で知らん顔です(苦笑)。言い方を変えると、どこかで根性がすわっています。もし、私の不在中に何かことが起これば、一番落ち着いていて、頼りにできるのはきっしゃんだと思っています。

それだけでなく、きっしゃんは相当に頭がいい。学校での勉強や読書は苦手でほとんどしてこなかったようですが、本質的にとても頭がいいと思います。口数は少ないのですが、発言する時は必ず的を射ており、きっしゃんがピンボケの発言をするのを聞いたことがありません。

そんなきっしゃんですが、私にはとても残念なことがあります。それは欲がないということです。いわゆる出世欲とか金銭欲・名誉欲といったものが非常に乏しいと感じています。人によっては美徳と考えるかもしれませんが、私はきっしゃんのために残念です。どうしてもがむしゃらになれないと申しますか、本当はそうなりたいという希望もあると思うのですが、どうやったらいいかわからない、そんな印象を受けます。

何も考えずに、欲しいものを決めるだけでいいのですが・・・。

おそらく、きっしゃんは子どもの頃から何不自由なく暮らしてきて、現在でも困っていないからそうなのだと思います。私は高校の時に、親が事業に失敗し辛酸をなめました。私もへんこですが、きっしゃんも実はへんこです。似たところがあるのですが、二人の現在の性格を分けたものは、環境であったような気がします。

私は本当はもっともっときっしゃんの給料をあげてやりたいのですが、現状ではきっしゃんは、高いハードルを設定してそれを越えていき評価を得ることよりも、少しハードルを下げてマイペースで働くほうが快適なようなのです。

もちろんそれは悪いことではないのですが、私の価値観から言うと「仕事にハマル」感覚を身に付けたら、もっと人生の奥行きが変わってくると思うのです。いえ、いまでも頑張っているんですよ、本当によく頑張っています。でも、本当に仕事が面白くなるにはもう一歩先の心構えがいるのです。そして、それだけは自分でつかまないといけないものなのです。

————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
新社屋の改装工事が始まり、私も忙しくなってきました。妻にも、休みらしい休みはあまりないぞと断っています。特に9月から来年の6月くらいまでは、仕事以外のことは忘れるつもりです。妻は「もう歳だから昔みたいには働けないよ・・・」と言います。まあ、見てて。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ