ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション情けない仕事をするな

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

情けない仕事をするな

今日波板の工事をさせていただいたお客様から、不愉快な話を聞いた。聞いたのは正月休み中なので、時間がたっているが、思い出したので書くことにした。

正月にトイレがつまり、当社は休んでいるのがわかっていたので、24時間水のトラブルに対応するという、うたい文句の会社にお願いした。
つまっているのを直してもらったのは良いが、「この便器はもうダメだから交換しなくてはいけない」「○○ももうダメだ」などと言いたて、費用の発生する工事を次々すすめるという。離れて暮らす娘さんに相談したところ、「大吉さんに相談しい、大吉さんにまかしとき」と言うので、まだ休んでいると思ったが、電話をしたとのこと。

私が見たところ、交換の必要はさらさら無く、修理に来た人間のモラルに問題があるように思えた。便器に問題は無くても、一度に大量に流そうとすると、つまってしまうことはよくある。要は使い方の問題。それを教えて不必要なお金を使わせないのが、プロの仕事だ。そして大切な住宅改修資金は温存していただき、本当に必要なときにズバッと「○○万円かかりますが、それでもこれは必要です」と言い切ることが出来るのが本当のプロだ。

それを「これはチャンス」とばかりに、あることないことでっちあげ、今、お金を使わせようとする。

情けない仕事をするな!

人として、職業人としてプライドは無いのか、と聞いてやりたい。うちの社員は経営理念の考え方が浸透していて、よくこういう報告をする。
「○○してくださいって言われましたけど、意味が無い(もったいない)と思ったので、説明してその仕事ははぶいてもらいました。」

こういう仕事の進め方をしている限り、毎日が非常に気分がいい。私にとって「気分がいい」というのが「一番儲かった」仕事だ。
「気分のいい仕事をしてください」
これが、「情けない仕事」をしている人へのメッセージだ。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
色々、能書きをたれていますが、当社は現在ヒマです。1月2月はいつものことです・・・。慣れてはいますが、春まではじっと我慢の子です。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ