ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション我ながら、ようやるわ

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

我ながら、ようやるわ

久しぶりにダメージの大きな手直しを決断した。昨年に行ったガレージの土間コンクリートをめくって打ち直すことにした。2台分なので軽い決断ではない。

もともと、表面にあくのようなものがでて、あまり見栄えがよくなかったのと、クラックが少し目立ってきたためだ。大阪から「使ってくれ」ときた業者で、安かったし真面目そうだったので使ってみたが、結果は大赤字になってしまった。

まず、多くの会社ではほったらかしにすると思うが、うちは生真面目なことに、クラックの補修と汚い部分の研磨をその大阪の業者に依頼したが、やり方が悪くかえってぶさいくなことになってしまった。その業者は逃げ回って、もう連絡がとれない。

今朝、奈良で馴染みの職人と善後策を検討したが、結局、めくって打ち直すことにした。職人は少々驚いていた。

「ほんまにやります?」
「ああ、やろう」
「よそは、そこまでせんと思うけど・・・」
「ええねん、名こそ惜しけれや。これをうちの仕事として残したくない。金より名前や」
「わかりました」
「そのかわり、うちも集金できへん仕事やから、きっちり常用(日当)でやってくれへんか」
「それは、させてもらいます」

2台分の広いガレージをめくってやりかえるのは少々負担だが、せっかく頼んでいただいて、がっかりさせたままには出来ない。

私の商売は「勘定」と「感情」が時として逆転してしまう。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
フランスはサルコジさんで、いい選択をしたと思います。いまどき社会主義を目指すのは、どう考えてもばかげていますものね。日本も早く目覚めよ。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ