ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション奈良テレビ取材(2)

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

奈良テレビ取材(2)

先月大和高田で発生した床上浸水について、ニュース番組の中で使うということで、今日、取材にこられた。

私なりに善後策についてお話させていただいたのだが、一発勝負なので、どんな話しぶりになっているのかいささか不安である。

思うことを少し書きたい。「床上浸水を防ぐ手段があるか」という質問に対して、ないと思う。小高い土地を選んで家を建てるとか、基礎を高くして家を建てておくとか、根本的な解決策以外に有効な手段などないのではないか。
「お前は不勉強だ、こうしたらいい」というのをお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひ教えていただきたい。

あとの処置としては、事情が許せばだが、一階の床を全てめくり、しばらく乾燥させるべきだと思う。床下なんて、ただでさえ風通しが悪く、湿気の強いところでは床下換気扇をつけたりする。そんなところが、一回どっぷり雨水につかったら、簡単には乾かない。
土台や柱の足元など、湿った状態が長く続くと、木材の腐朽、白蟻の発生、腐朽菌の発生とどんどん建物が弱っていく。ここは思い切って、床を全てめくり、しばらく乾燥させるというのが上策だと思うが、なかなかそうもいかんのだろう。

建物のメンテナンスの基本は、雨水を中心として水分をシャットアウトすることにある。それがどっぷりつかってしまったわけだから、ゆゆしき事態といえる。

あの短い問答で、上手く伝わっただろうか。放送は、明日4日、21時からのニュース番組の中である。間に合えば、見てお笑いいただきたい。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
先月の日本経済新聞の「私の履歴書」は長嶋茂雄でしたが、知らない話が本当に少ないことに驚きました。いかに彼の逸話が世の中に喧伝されているか、よくわかりました。本当に、どこかで読み聞きした話がほとんどでした。「私の履歴書」に登場する人で、こんな人は初めてです。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ