ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション業界ウラ話 - 信用とは何か

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

業界ウラ話 - 信用とは何か

先日、あるインテリアコーディネーターさんとお話をしていた。彼女は私より少し歳下で、子どもの歳も近い。なかなかの努力家で、育児のかたわら二級建築士の資格も取得されている。
これまで色々な会社で職歴があり、興味深い話をいくつか聞くことができたので書いてみたい。

彼女のキャリアは大手ハウスメーカーでスタートする。インテリアコーディネーターの資格を生かし、お客様との打ち合わせやプレゼン作成、図面作成、仕様変更後の見積書を作成したりしたという。約5年間、その仕事をされた。

やりがいが全く無かったそうである。驚いて理由をたずねた。
「ええ~っ、また何で?」
「打ち合わせしてても、すぐに『何でもいいわ』ってなるんです」
「自分の住む家の打ち合わせやろう?」
「ええ、でも○○の名前で家が建ったら、あとは何でもいいみたいなんです。○○やったら安心っていう感じです」
「考えられへんな」
「でも、そんな風に家に関心の無い人が多かったです」

みなさんは、どのような印象を持たれただろうか?ハウスメーカーなんて決して安くは無いのに、家自体はどうでも良く、メーカーの名前のみが重要であったお客様が多かったという。10年ほど前の話なので、現在では、多少雰囲気も変わっているとは思うが。
しかし、それが事実であれば、確かにやりがいは持ちにくいだろう。仕事なんて、お金だけでは出来ん。

その後、さるリフォーム会社にお勤めになった。この会社は、私もチラシでよく見ているので名前だけは知っていた。ここも奈良では著名な会社がバックについていて、リフォーム会社自体は小さいがネームバリューがあったという。

この会社では、見積書を作っていたが、彼女は現場に行ったことがない。担当の営業マンが現場を見て、下請けの業者から見積もりがあがる。それに一定比率で金額をのせて、見積書の形式を整えるのが彼女の仕事だった。
その見積もりは、営業マンが持って行くが、当然ながら工事のことはチンプンカンプンだし、安くしてあげたいとか、良くしてあげたいとか、何の工夫も思い入れも無い。

「ようそんなんで、仕事が取れるなあ!?」
「やっぱり○○の名前で安心らしいんです」
「理屈はハウスメーカーと一緒か?」
「そうですね。内幕を見ててリフォーム業が信じられなくなりました」
「少なくとも、うちはそんなアホな仕事してへんで」

当たり前のことだが、私は名前で仕事を取ったことが無い。大吉建設は、吹けば飛ぶような小さな会社だ。しかし、さきの二社様よりずっと血の通った、しかもいい仕事をしていると言い切ることが出来る。

名前も結構、私は否定しない。人様の価値観をどうこう言うつもりも無い。立派なパンフレットもまた結構、夢も広がるし安心感もあるだろう。
私は、私と会って、社員と会って、家のことについて話しあって、共感してくださった方と仕事がしたい。名前では無く、私や社員を信じてくれた人のために、誠意を尽くして仕事がしたい。
士は己を知る者のために死す、という。私は社員を信じてくれたお客様のために誠をつくす。

ただ、それが言いたかった。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
先週の土曜日は、次女の幼稚園の運動会に行ってきました。何でもお弁当を作るのが面倒らしく、お昼までの開催です。味気の無い世の中になりましたね。子どもの成長を見ながら一杯、などというのどかな時間は昔のことになりました。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ