ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション新耐震診断

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

新耐震診断

昨日、きっしゃんと新しい耐震診断の講習会に行ってきた。実は制度としては平成16年4月から新しくなっていたが、木耐協としてはまだ古い耐震診断を行っている。頼りない話だが、理由もある。
新耐震診断では、「一般診断」と「精密診断」とに分かれるが、当初、国土交通省は「精密診断を行ったうえでの耐震補強工事でないと、行政の様々なサービスの対象外になる」というスタンスでいた。ところがその精密診断が難しい。現在、日本には1級建築士・2級建築士が合わせて約90万人いるが、その中でこの「新耐震診断における精密診断」が出来るのは、わずか3000人に満たないという。0.3%だというのだから恐れ入る。もちろん、私にもチンプンカンプンだ。
もう一つ高いハードルがある。一般診断では「非破壊検査」だが、精密診断では「破壊検査」だ。つまり精密診断では、壁をめくったりしないと診断できないため、補修も含めて診断自体に大きな費用が発生する。言い換えれば、最初から補強するつもりでないと診断を受けることも難しい。
これでは精密診断など進むはずがない。さすがに経営感覚の無い「国」も無理があることに気付き、「一般診断でも、補強工事についての減税措置等の対象とする」と、ようやく方向転換したのが平成17年6月。
ここにいたって我が木耐協も本格的に始動し、ソフト開発等のハードの準備を始め、今年4月15日より新耐震診断に移行する運びとなった。

個人的な感想を言うと、この新耐震診断は概して良い。ずいぶん詳細になり、従来の耐震診断がいい加減なものに見える。手間もかかるが、それでより良い耐震診断になるのなら本望だ。
ただ一つ難を言えば、壁のバランスを計算する方法だけは、新診断の「四分割法」よりも従来の「偏心率」で見るほうが優れていると思う。補強箇所を特定するのには「偏心率」の方がよほど精度が高い。詳しくお知りになりたい方は、会社までお越し下さい。

とにかく、ようやく新診断が出来る。いらぬ説明をせずに済むようになるのがありがたい。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
今回はお堅い話になりました。昨日は「誰もがその名を知っている会社」からも数人来ていましたが、眠っていました。退屈そうな人もいたようです。「義務だけでする仕事」はつらいねえ。
では、また会いましょう。

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ