ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション一番大切な仕事

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

一番大切な仕事

今月に入り3件のアフターが必要になった。1件は当欄でも書いたが、エクステリアの知識不足でおこった。昨日確認と謝罪に行くと、かえって恐縮され逆に「何回もごめんなさい」とおっしゃっていただいた。「職人さんも気安くしてくださって本当にいい人ばかりですね」とありがたい言葉をいただいた。
もう1件は当社の単純な施工ミスであったのだが、昨日あらためてお礼の電話があった。これも怒られても仕方のないところだったが逆に感謝され「お金を払わせてください」とおっしゃる。もちろん施工不良の手直しなので丁重にお断りした。
最後の1件はメーカーの製品上の問題で機械の交換が必要だったのだが、これも恐れ入ることに今朝お礼の電話をいただいた。「ご迷惑をおかけしました」と申し上げても、「うううん、全然迷惑なんかじゃなかったよ。すぐにやってくれてありがとう」とこれも感謝のお言葉。実に恐縮だ。

この二日間で3件のアフターについてお言葉をいただいて、あらためてつくづく考えたのだが、いわゆる「クレーム」や「手直し」ほどありがたいものは無い、ということだ。あたりまえのことをするだけで、こんなに感謝される業務は他には無い。見積書の提出などは、アフター以上に手間もかかることも多いがあまり感謝されることはない。

逆の立場から考えると、「クレーム」はなかなか来てくれない、と皆さんが考えているからそうなるのだと思う。確かに、そういった話はどこでもよく耳にする。
「なかなか来てくれない」
「ちゃんと聞いてくれない」
アフターに力が入らない会社は「お金にならない仕事」だと思っているのだろうが、本当は一番大切な仕事だ。これは文句無しに断言できる。
最近、こんな風に考えるようになった。
「工事が終わってお代をいただいてからが本当の仕事だ」
こんな考え方も、当社の社風にしたい。

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ