ホームだいよしの家づくり電磁波対策「生命の響きシステム」電磁波による健康被害

お問い合わせ

資料請求

土地情報請求

電磁波による健康被害

電磁波過敏症は重大なシックハウスです

ここから本文です。

近年、電磁波の害がよく言われるようになってきましたが、住宅が大きく変わってきたからです。
昭和40年頃つまり約50年前と比較して屋内電気配線の量は約7倍、コンセントの数は約4倍になりました。
つまり、現代人はかつてないほど電磁波の影響を受けています。

電磁波が体に与える悪影響としては、大きく分けて以下の5点です。

  1. 人体が持つ電気システムを破壊する
  2. サイクロトロン現象
  3. 人体の酸化を促進する
  4. ガン細胞の成長を促進する
  5. ストレスの増加、慢性的な疲労の蓄積

1.人体が持つ電気システムを破壊する

 あまり意識されていませんが、実は人間の体はとても精巧な電気システムでできています。特殊な電気である『生体電気』を利用して神経間や細胞間の情報伝達を行っています。つまり、電気で体が動いているのです。健康診断で心電図をおとりになったことがあるかと思いますが、心電図とは心臓の電気的活動を体表面から波形として記録したものです。つまり皮膚にも微弱な電気が流れています。それが健康にとって重要なバロメーターだから健康診断のメニューに入っているのです。

 強い電磁波を浴びたり、弱い電磁波でも長期間にわたり浴び続けることがあると、この人間が本来持っている電気システムを狂わせてしまうのです。脳や神経に誤作動を起こさせるのです。これが、不整脈、自律神経失調症、生理不順、自閉症、学習障害などにつながります。

 特に弱い電磁波を継続的に浴びると、ひどいアトピー性皮膚炎になることがあります。コンセントから離れて眠るようにするだけで、アトピー性皮膚炎が改善にむかう事例もたくさんあるのです。実はコンセントは相当危険です。

2.サイクロトロン現象

 サイクロトロン現象とは、成長段階にある細胞を破壊する働きをすることです。ニワトリの卵のそばで携帯電話を使用し続けると、タマゴが全て死滅してしまうそうです。携帯電話の使用時間が長い人ほど、精子の運動量が少なくなっていることもわかってきました。つまり、少子化にも影響があります。

 ですから、サイクロトロン現象を考える時、電磁波が一番大きな影響を与えるのは、成長期にある子どもたちなのです。世界ではとっくに、子どもたちを守るために法的規制が始まっています。先進国で何もしていないのは日本だけと言っても過言ではありません。

 16歳未満前後の子どもの携帯電話の使用を控えるように勧告している国はイギリス、フランス、カナダ、ロシア、ドイツ、ベルギー、インド、イスラエルと続き、特にバングラデシュでは16歳以下の携帯電話の使用は禁止です。つまり違法となります。酒やタバコと同じ扱いです。

 またフランスでは、妊産婦は携帯電話を腹部から離すように勧告されています。障害を持って生まれてくる確率が高くなるからです。同様に電気毛布も妊娠初期に使用すると障害児を出産する確率が10倍になるそうです。電気毛布の電磁波などは弱いのですが、体に密着してるのが問題なのです。

 アメリカやイタリアでは電磁波が2ミリガウスを超えるところでは、幼稚園や小学校が建てられず、スウェーデンでは同様の地域で既設の送電線の撤去作業もしているそうです。残念ながら、日本では自衛が求められます。

3.人体の酸化を促進する

 電磁波は周囲のものの酸化を強力に促進する働きがあります。この酸化が大いに問題があります。酸化とは、簡単に言うと、劣化することです。金属であれば錆びることを、食べ物であれば腐ることを、人間であれば老化することを「酸化する」と言います。

 電磁波は体内の活性酸素を増やすので、細胞が酸化していき、体の老化を促進します。体の酸化が進むと、アレルギーやアトピー性皮膚炎、喘息が出やすくなります。もちろんシミやシワなど美容面でも影響があります。特に脳が酸化すると、老人性痴ほう症やアルツハイマー型認知症になったりします。健康は酸化との戦いとも言えます。そういったことが背景にあり、「抗酸化グッズ」などが売れ筋になる世相となって久しい今日この頃です。

 フリー百科事典ウィキペディアでは、酸化のことを「対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。具体的には、物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応などである」と説明しています。この『電子を失う』がポイントです。

 電磁波は人体の酸化を進めることでも大きな害があるわけですから、抗酸化住宅はイコール電磁波対策住宅と考えていただいてもいいかと思います。

4.ガン細胞の成長を促進する

 2011年、世界保健機構(WHO)では、携帯電話の電磁波とガン発症リスクとの関係性についての調査結果を発表しました。携帯電話の電磁波の影響で「グリオーマ(神経謬腫)」と呼ばれる脳腫瘍を引き起こす危険度が増すとのことです。携帯電話を一日30分、10年間使い続ける場合、グリオーマの発症危険性が40%増加するそうです。

 日本以外の先進国では、ガンで亡くなる人が減少傾向にあります。日本では全く減りません。原因の一つとして、日本だけがコンセントにアース機能がついていないことが考えられます。アース機能とは、余分な電気を地中に返す機能です。専門的になりますが、海外のコンセントでは電場は出ず、磁場だけが出ます。電場と磁場の説明は割愛いたします。日本のコンセントからだけ電磁波が出るのです。電磁波は遺伝子を傷つけ、人間の免疫力を低下させ、ガン細胞を成長させます。

5.ストレスの増加、慢性的な疲労の蓄積

 一見、脳と関係なさそうに思える症状が脳の電磁波障害で起こっているケースがあります。体にたまった静電気や電磁波のせいで体にだるさを感じたりします。

 1995年に新潟市民病院が中学2年生5400人を対象に「テレビゲームが健康に及ぼす影響について」という調査を行いました。その調査では、テレビゲームのしすぎによる健康障害として、肩こり、勉強が手につかなる、目がくらくらする、眼精疲労、頭痛、目の前が暗くなる、吐き気、痙攣という専門家の予想をはるかに上回る結果がでています。これはテレビからの電磁波の影響を受けていると考えられます。低周波光刺激も加わっているようです。

 慢性的な疲労の蓄積が電磁波のせいだと思われる方は少ないと思います。でも、アトピー性皮膚炎でもみなさん電磁波のせいだと思っていませんが、電磁波対策を行うだけで驚くほどよくなったりします。原因不明の発熱や頭痛も電磁波が影響していることはあります。

 大吉建設はこれからの住宅には電磁波対策は必須だと考え、新築では「生命の響システム」を全棟標準仕様としています。

 電磁波についてのご相談は
お問い合わせ | 大吉建設株式会社 (daiyoshikensetsu.com)

このページの先頭へ