ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション成人式の思い出

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

成人式の思い出

毎年、成人の日になると、成人式ではめをはずすバカな子どものことがニュースになります。あれは、子どもと言ってさしつかえないと思います。幼稚すぎますのでね。

私は成人式に出席しておりません。行きたかったですよ。友達にも会いたかったですし。実は、アルバイトをしておりました。

私は当時、マクドナルドでアルバイトのマネージャーをしておりました。ここで書くのは初めてですね。その店は、私と同年代が主力メンバーに多く、その日はみんなが成人式に行くので「お店がまわらない・・・」と社員さんが頭をかかえていました。

社員さんは、なかなか切り出せないようでしたが、ある日、意を決したように私にこうおっしゃいました。
「吉信、悪いけど、この日、店に入ってくれ!おまえしか頼める奴がおらん。」

私は即答しました。「わかりました、僕一人でもきっちり回しますわ!」

家に帰って親に話すと、「なんでお前がそこまでせなあかんねん」と成人式に行って欲しい様子。でも、私は「困って頼られたら、断れん。成人式も行きたいけど、それより自分の男をたてたい」と話し、親を説得しました。

その日のお店は地獄のようでした。それだけにかえって、お店に入ってよかったと思いました。成人式は残念でしたが、未練はありませんでした。ただひとつ、気になることは「親不孝をしたかな」ということです。

もし、私が成人式に出席していたら、厳粛な気持ちで大人への誓いを果たしたことと思います。そして、それを両親に話し、喜ばせたことでしょう。

毎年、この日になるとそれを思い出します。おそらく、一生忘れることのない思い出です。

PS 成人の日は、以前のように1月15日と定めていただきたいです。私は「ハッピーマンデー法」は嫌いです。

————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
妻が友人の結婚式で東京に行っており、昨夜は私が娘たちの食事を用意しました。ひなちゃんが手伝いたがったので、少し料理を教えましたが、タマゴが上手に割れません。私が両手でひとつずつタマゴを持ち、片手で簡単に割るところを見せると、ひなちゃんは本当に感心してくれました。少し、得意でした(微笑)。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ