ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション自分の家はどうでもいい

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

自分の家はどうでもいい

「自分の家だと思って工事をします」
このような売り文句はよく目にしますし、心がけとしてはそうありたいものだと思います。しかし、最近、ちょっと待てよ!と感じることがありました。

先日、自宅のリフォームが終了しました。事務所で使っていた場所を子ども部屋に改装したのです。この工事が自慢じゃありませんが、いい加減です。

まず、段取りがでたらめで、大工さんや他の職人も他現場優先で、予定があいた時にいく感じ。材料は倉庫のあまりもので、とてもお客様のところに持っていけないようなものを「ここでしか使えん!」と言って持ち込む。

ちょっとした微妙なおさまりなんかを相談されても「どうでもええで、自分のとこやから・・・」。

「ここちょっと材料足りないんですけど・・・」
「そのままでいこか、自分のとこやから・・・」

「これ残しとくんですね、疵つけてしもたんやけど・・・」
「ええよええよ、自分のとこやから・・・」

「社長さん、全然、現場にきませんねえ」
「うん、自分とこやから・・・」

設計ミスで納まりの悪いところを妻に指摘されても、
「ごめん、気軽に決めてしもたなあ・・・」
「『自分とこやから』なあ(怒)」と言われる始末。

今回、何回ぐらい「自分とこやから・・・」って言ったかなあ、なんて大工さんと笑っていました。

お客さんのところでは、とても出来ないような、いい加減な工事が平気でできる自宅。これから、「自分の家だと思って工事します」と言われたら、身構えたりして・・・。

人にもよるのでしょうが・・・。妻はあきれています(苦笑)。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
その子ども部屋ですが、娘は3人とも大喜びで、毎日大騒ぎです。そんな様子を見ながら、一杯飲むと幸せを感じます。いまは仕事に夢中ですが、家族さえいれば、それでいいような気もします。そんなこと、ゆうてられんのやけど。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ