ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション概念を持たないものに・・・

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

概念を持たないものに・・・

昔からよく思うのですが、その概念を持たないものに、概念を教えることは不可能に近いですね。先日の国母という男のニュースを聞き、改めて感じました。

その人が持っていない概念を教えることは、コーヒーを飲んだことが無い人に、言葉だけでコーヒーの味を理解させようとするのに等しい。まあ、至難の業ですね。

朝青龍が「横綱としての品格がない」とずいぶん言われ続けましたが、結局、角界がよってたかっても彼に「品格」という概念を教えることができませんでした。

よく「品(しな)が下がる」「格が違う」などと申しますが、簡単に言うと、品の格が低いですよということなのです。そんな簡単なことですが、「品」という概念が無い人に、何を言っても通じません。

世間でも、「朝青龍のどこがそれほどよくないのかわからない」という人もおりますが、正直なところ、その人も品格という言葉の概念を持っていない人だと思います。結局、人は自分の知らない世界を理解できません。

今回の、国母某にしても、「襟を正す」「着こなしはマナー」という概念が無い。だから、指摘されても「反省してま~す」などとおちゃらけで、本人は何が悪いのかわからない。おそらく、今も、どうしてここまで言われるかわかっていないはず。彼にとっては「かっこいい」はずだったから。

そう考えると、社員や職人の教育もおのずと限界があるように思います。もちろん、しっかりとやらなければならないのですが、その人が持っていない価値観まで教えてあげることは、限りなく不可能に近いのではないでしょうか。

例外があることも承知していますが、やはり、それは教わる側の心構えがしっかりしている場合に限られます。進んで学ぶ気が無い人に、どんなに立派な人がどんなにすばらしいお話をしてくださっても、それは、花咲くことはないでしょう。

よく「あいつは俺が育てた」なんて言う人がおりますが、それは間違いだと思います。そう言いたい気持ちはわかりますが、他の弟子は同じ様に育っているのでしょうか?それは、本人が勝手に育ってるんですよ。師匠は手助けしかできません。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
現在、吉信家は非常事態です。しばらく前の日記でも書きましたが、まだ、家族の風邪と発熱が続いています。家の中で、うつしあいを続けています。夜、家に帰ると子どもの介抱に追われます。無事なのは、私だけなのですが、その私もしばらく腰の調子が悪く、朝、靴下がなかなかはけなくて苦労しています(苦笑)。吉信家の平和はいつか!?
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ