ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション一つ覚えたやないか・・・

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

一つ覚えたやないか・・・

ある社員(と今日の日記では名前をふせておきます)が、「○○さんのところ、ようやく行って来ました!」と元気よく報告してきました。

「やっと、行ってきたか!」
「はい、社長の言うとおり『言い過ぎたから、もう来てくれへんかなと思ってた』とおっしゃってました」
「行ってよかったやろ?」
「はい!」

実は、しばらく前に、とても当社とその担当社員を信頼してくださっていたお客様に、営業上のやりとりで不信感を与えてしまった社員がおりました。もちろん担当社員本人です。

「もう信用できなくなった」と言われ、その時の見積もりは流れました。内容的には、確かに社員に非があったので、私はお詫びに行けと言うのですが、彼は行きにくかったようです。

少しして、彼は他の新築の見込み顧客さんに対して「手紙を書こうと思うんですけど・・・」と私に言ってきました。私は「□□さんに書くぐらいやったら、○○さんに書かんかい!」と叱責しました。次の仕事を取ることよりも、大事なことがあると言いたかったのです。

約1ヵ月後、月に一回の個別ミーティングの席で、私はその話をむしかえしました。
「○○さんのとこ、行ってきたんか?」
「いえ、まだです」
「なんで、行ってないねん?」
「・・・特に理由はありません」
「社長に『行けっ』って言われて理由も無いのに行かへんのか!行きにくいから行ってへんのやろ!」
「・・・はい・・・」
「おまえ、○○さんの気持ちを考えたことがあるんか?今まで、大吉さんはいい、△△さんはいいって、ずっと言ってくれてた人なんやろう。絶対、気にしてはるって。言い過ぎたから、もう来てくれへんかなあとか考えたはるで。行って、安心させてあげ。おかげさまで勉強になりました、ありがとうございましたって、お礼とお詫びを伝えて安心させてあげ。いやな空気をいつまでもほっといたらあかん。早くきれいにして、すっきりさせてあげ。そうしたら、自分もすっきりするから」

ここまで話して、ようやく彼の重い腰があがり、今日の報告となりました。表情もすっきりしていました。

私は常々、「私にとって最も大切なことは気分よく仕事をすること」と言っています。それは、単にやりたいことをやるとかではなく、こんなことを言っています。

よかったな、これで一つ覚えたな、どうやったら気持ちよく仕事ができるか。将来、彼が後輩社員にそんな指導ができるようになれば、大吉建設はもっと面白い会社になる。そんな風に思いました。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
先日、厳しく叱って長女のひなちゃんを泣かせました。何度言っても「はい」という返事の声が元気がないのが理由です。「『はいっ』っていう返事ができたら、勉強なんかどうでもいいんや。それが一番大事なんや。それができんかったら、学校も塾も行かんと一日中、家で『はい』って元気よく言う練習しとき!」
泣かすほどのことじゃないですか?でも、本当に大切なことです。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ