ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクションほったらかし

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

ほったらかし

今日は注文住宅新築のお客様とショールームに行って来ました。南港のトステムと京橋のパナソニック電工です。ほぼ一日使いました。

土曜日でしたので、どちらのショールームも人でにぎわっておりましたが、共通していたことがあります。工務店の人が同席せず、お施主様だけで来られている方が多かったことです。

以前、INAXのショールームでも女性スタッフに言われたことがあります。

「毎回、同行されるのは、社長のところぐらいですよ。他社さんはほとんど『見てきてください』といった感じですけどね・・・」
「本来、同行するもんと違うのかな。工務店のもんが行かんと判断できんこともあるし・・・」
「そうなんですよ、よく困っていらっしゃいます」
「そやろ。それに、それ以前に、そこでの会話内容に関心がないとおかしいのと違うかな。俺やったら聞きたいけどな・・・」

今日もお施主様とそんな話になって、どうして他社はあまり行かないのかとお尋ねになりました。

そもそも、その方が楽ですね。ちょっとでも手間がはぶけるし。でもそれ以前に、ショールームの同行に行かないのは次のお客様の方が大事だからでしょう。

つまり、喜ばれる家を建てることよりも、売ることについて熱心なわけですね。でも、それはわかります。まあ、人情ですね。

もちろん、私も俗物で売りたいのはやまやまですが、次のお客様に目を向ける前に、今、目の前のお客様に喜んでいただきたいわけです。そうでないと、気持ちが落ち着かん。

本当に喜ばれる家を建てようと思えば、そこにかける手間は非常に値打ちのあるものだと思うのです。今日もいーちゃんと二人で一日使いました。

『コスト、コスト』では、家づくりに一本芯が通りません。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
そのINAXの女性スタッフは「普通に話してるのも社長ぐらいですよ(お客様あつかいしていないという意味)」と笑って言っていました。「そう、心がけてるねん」と言うと何故かうらやましがっていました。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ