ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション人はおらんのかいな・・

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

人はおらんのかいな・・

今日は久しぶりに、時事ネタについて書かせていただきましょう。

昨今の中国やロシアの横暴は目を覆いたくなるほどですが、そもそも、もと共産陣営でまともな国はあまりありません。それを割り引いて考えても、あまりにひどい好き勝手ですね。北朝鮮をチンピラヤクザだとすると、中国・ロシアはマフィアの親分といったところです。

中には中国の立場に理解を示す人もおりますが、これは無知・無学のなせるわざで、歴史や現在のチベット・台湾などに対する姿勢を知れば、どうしようもないごろつき国家であることがわかります。ロシアも同じ。

さて、その中国は本来、儒教で成り立つ国であるはずですが、どうもその教えは完全にどこかにいってしまっているように思います。恐らく、孔子や論語も全く理解されていないのではないでしょうか。

その儒教のことを「孔孟の教え」とも言いますが、孟子とは孔子から約150年後の戦国時代中期の思想家です。孟子には四端説という性善説の根拠となる考え方があります。

「『惻隠の心』のない者は人間ではない。『羞悪の心』のない者は人間ではない。『辞譲の心』がない者は人間ではない。『是非の心』がない者は人間ではない」

これでいくと、中国もロシアも人間ではないことになります。「何を!」と私に怒ってもダメですよ。「人間ではない」と言っているのは孟子さんです。誰の目から見ても、4つの心がどこにもないのは明らかですしね。

PS  子どもの頃「惻隠の情」という言葉がよく目に入りました。残念ながら、日本でも死語になっていますね。何やら、いい言葉ほど死語になっていくような気がします。

PS 2 最近「歴史を忘れた民族は滅ぶ」「歴史を知らない政治家が国を滅ぼす」という言葉をよく聞きます。おっしゃる通りですね。管さんも鳩山さんも歴史認識は子どもなみです。漢字が読めないマンガ総理の次は歴史を知らない売国総理。泣くに泣けない、情けない話です。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
今年の日本シリーズはなかなか面白い展開でしたね。私としては、中日に追いついてもらって、第8戦が見てみたかったです。これが、我が阪神タイガースならずいぶんやきもきしたと思うのですが、中日VSロッテではあまり力が入りませんでした。かえって、野球が好きなのはよくわかりました(微笑)。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ