ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション積極的な心

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

積極的な心

昨日、はっとしたことがあります。気がつけば、守りの姿勢で仕事をしていました。でも、自分自身は攻めているつもりなんです。

このしばらく、ずっと締め切りに追われて仕事をしているような実感がありました。常に何かに追われている感じです。
「今年中に、新築事業のカッコをつけんといかん」
「今月中に、あれもこれもやっとかんといかん」
「今週中に、○○邸のこの発注をしとかんといかん」
「○日までに、『まごころ』の原稿をしあげんといかん」
「○時までに、この書類用意しとかんといかん」
「○○さんに、言われる前にこれをやっとかんといかん」
いかん、いかん、いかん。

気がつけば、毎日、何かの締め切りに追われています(苦笑)。つい、追い立てられている気分になり、不覚にも先日、真由美さんに「最近なあ、常に何かに追われてる気がするねん」などとマイナスのことを口にしてしまいました。

それが昨夜、社員みんな帰った後、来年のことを考えながら社内を一周しておりますと、昨日はそんな気分じゃなかったことに気が付きました。

そうか、昨日・一昨日と「期限の決めてないことをやりたいからやっとったな!」。実は私は来年の会社の目標の一つとして「会社をきれいにすること」を掲げるつもりです。現在は、片付かず汚いものですが、来年から手をつけるつもりでした。

それが、どうにも辛抱できなくなり、一昨日から昨日にかけて、片付けや掃除を始めました。すると気持ちがいいんですね。単にきれいになって気持ちいいということもありますが、そうじゃないことに気付きました。

そうか、締め切りのない仕事を自分からやってるから気分がいいんや。じゃあ、他の仕事も「○日までにしないといけない」という期限があれば、そのぎりぎりじゃなくて、もっと早め早めでやってしまえば、この『追われている感』がなくなるはずや!とハタと気が付きました。

そうして考えていると、私は常に前向きで積極的に仕事をしているつもりでしたが、期限に間に合わせることが主になるというのは、決して前向きではなく、どこか消極的な姿勢だったんだなと、何となく笑けてきました。

だって、こんなに自分のことがわかっていないのに、社員や職人の指導をしようとしているわけですから、笑わずにはいられません(笑)。

月末が期限なら20日までに仕上げる。週末が期限なら水曜日には仕上げる。そういう姿勢で働くことが、自分自身のマインドコントロールにとってとても大切なことだと思いました。

思い返せば、サラリーマン時代はそんな風にやってました。上司に頼まれた仕事で期限を確認したら、必ずその半分の期間でやってました。当時は認められたい一心でしたが、それが精神面の安定につながっていたんだなと感じた昨夜でした。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
年末まであとわずかですが、課題がたくさん残っており・・・。あれっ!早速、追われとるけど・・・。ああ、カレンダーも行かないといけない!思うことと現状が全く違う私でした(苦笑)。

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ