ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション木耐協はすばらしい

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

木耐協はすばらしい

昨日、午後から、大阪まで木耐協主催の「小野理事長PRESENTS 行列の出来る耐震相談所」に出席してきました。ジュンとレイを連れ、3人で行って来ました。とてもいい内容だったので、しっかり段取りして全員連れて行けばよかったなあと、少し後悔しました。

実は、木耐協は普段は営業研修を一切行いません。「技術力が営業力である」という小野理事長のポリシーのもと、技術研修ばかり行っています。私は木耐協のそんな硬派なところが大好きです。

昔は営業研修も行っていたのですが、心を学ばずに形だけテクニックの部分をマネして無茶をする組合員もあったので、「営業研修はやらない」と決めたとのこと。

ところが、私(当社)を筆頭に営業力の低い組合員も多く、何とか助けないといけないと、今回、何年ぶりかの企画だそうです。そして、愛知・東京・兵庫から、木耐協の中でもスター級の工務店をお招き下さり、惜しげもなくノウハウを教えてくださいました。

私は最初から最後まで背筋を伸ばして聞いておりましたが、本当に小野理事長・木耐協はすごいなあと、改めて感じ入りました。

内容的には、正直なところ基本的なことが多く、決して斬新ではありませんでしたが、「心」がすごい。みなさんが一貫してお話しされていたことは、結局一つです。

「耐震診断を依頼された方はとても不安を感じている。見ず知らずの他人が、家の中に上がりこみ、プライベートな空間を見られることについて不安がある。だから、安心していただくために、いかに礼儀を守り、マナーをしっかりするか」

それだけを伝えるためにあった4時間だと思います。表現や内容は違っても、テーマはそれで貫かれています。安っぽいテクニックやノウハウを披露する勉強会は山のようにあっても、これほどお客様(依頼主)への「心」を教える勉強会はそうないのではないか。

そう思うと、やっぱり小野理事長はすごいなあ、木耐協はすごいなあ、いいところでお世話になっているなあ、と改めて感謝した一日になりました。

夜の懇親会では、弱小工務店の私が僭越ながら乾杯の音頭を取らせていただきました。大先輩や強力工務店様の中で、恐縮しきりでした。

私はこういう場では、あまり社交的でなく、積極的に名刺交換をするよりは、気の合う社長さんと隅っこの方で飲んでいる方が落ち着きます。それでも、色々な方が話しかけてきてくださり、少しずつ世間が広がります。

昨夜は、ある社長さんから「うちはホームページから集客ができないんです。吉信さん、ぜひ、うちのホームページを批判してください」と頼まれ、朝からじっくり見せていただきました。

すると、なんのなんの、私が全く持っていなかった価値観(工事技術)が大きく打ち出されていて、かえって勉強させていただきました。今度、教えてもらいに行こうと思っています(苦笑)。

先日、ある大社長さんがおっしゃっていました「独りよがりでは勝てない」と。私は、ずいぶん長い間、独りよがりでしたね。

————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
いつもは二次会もお邪魔するのですが、昨日は残念ながら一次会で失礼しました。恥ずかしながら、最近、朝の目覚めが悪く、もがいているのです(苦笑)。その場にいたいのはやまやまでしたが、私にとって会社にいてる時間のコンディションが大切なので失礼させていただきました。理事長や盟友の高橋さんには「えーっ!」と声を上げられました(苦笑)。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ