ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション最近わかったことがあります

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

最近わかったことがあります

何でも経験しないとわからないものですが、最近ようやくわかったことがあります。20年も前に上司に言われたことです。

私は会社勤めの経験がありますが、どう謙遜しても人の倍は働いたと思います。1日に15時間ぐらい働くのはあたりまえ、休みの日でも会社に行くのはあたりまえで、3ヶ月ぐらいは1日も休まなかったこともあります。

この頃、よく上司に言われました「俺が落ちつかんから休んでくれ」と。当時の私は、誰にも負けたくなかったので、「同僚が休んでいる間に、自分は成果をあげたい」ぐらいの考え方でしたから、あまり言うことを聞きませんでした。

今日、きっしゃんは休みでしたが、夕方、私服で会社にやってきて仕事を始めました。見積もりを作っているようです。きっしゃんは、現在12件の案件をかかえているので、ゆっくりしていられないようです。

たまのことなので私も「よし、自分のために頑張れ」という気持ちで見ています。実際、たまにはそれぐらいやる根性がないとあかん、と思います。男社会とはそんなものです。

でも、もし、休みのたびに会社に出てくる社員がいたら、私の精神状態はどうなるのか。きっと気になって落ち着かなくなるに違いない。休んでくれよ、と言いたくなるでしょう。

昔、私は上司にこういう思いをさせていたのだなと、今日はふと感じました。昨年も何度か、社員が休日に働いていることがわかると、同じことを感じました。それにしても、こんなことに気がつくのに時間がかかりすぎる。ほとほと、自分の凡才にはうんざりします。

ずいぶんと親不孝(親ではないが)をしたような気持ちです。しかし、つらいだろうから休めというのは女親の愛情です。男親の愛情は、本人のために苦労を与えることです。やはり、社長や上司は男親でなければならない。そう思えば親不孝でもないか、などと考えたりします。

それにしても、各自スキルアップして時間内に全ての業務が終わるようなトレーニングと権限委譲が私の仕事というわけか。これは、ずいぶん出来の悪い社長になってしまった。

——————————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
さて、家族が順番に風邪をひき、しばらく落ち着かなかった吉信家も、妻の風邪が治り、ようやく日常にもどりました。家族間で風邪をローテーションするのはやめて欲しいなあ。いつもは逃げ切る私も、今回は少しつかまりました。でも一番早く治りました。若い!かも(笑)。
では、またお会いしましょう!

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ