ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクションのぞむところや、待ってたで

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

のぞむところや、待ってたで

2月4日付、毎日新聞の夕刊によると、大阪府では悪質リフォーム業者に対する行政処分を強化するため、「建築診断」なるものを2006年度にも導入するらしい。
これまでは、勧誘方法が違法とされたり、訪問販売に規制をかけるための特定商取引法に違反しないかぎり、いくらつまらない工事を行っても処分されなかった。
主なターゲットとしては、屋根裏や床下に金物を取り付けたりする工事だ。こんなものは耐震には全く役に立たないが、すすめるダメ業者も多いため、お客様のなかにも有効だと信じている人も多い。
当社では、こんな工事は頼まれてもやらない。私でなくても、きっしゃんが頼まれても悩むことなく断ってしまう。お客様のためにならないことがはっきりしているからだ。
これまで、誠心誠意説明し断ってきたが、中には理解されず「○○さんのところは、それをやって安心している」などと言い出し、悪質業者のかたを持ち、こちらの建築知識を疑うような方もいらっしゃった。私はポリシーで、善意の言葉が理解されない家では、いくらお金をつまれても仕事はしない。
常識で考えて欲しい。お客様が「やって欲しい」と言ってくださるところを、欲望をぐっとおさえて(私は俗物で、売上とか利益とかいった言葉は大好きだ)
簡単な工事であがる売上を減らそうとしているのだ。そこに悪意の入る余地があるのか!
力不足を感じざるを得ない。

何度も情けない思いをしてきたが、これからは屋根裏や床下に不用意に金物を取り付けると、悪質リフォームとして検挙される可能性もでてきた。それには強引な契約とかが無くても、引っ張ることができる。
どんどんやってくれ、待ってました!と声をかけたい。奈良も大阪に負けずに続いて欲しいものだ。

この記事は、「建設時事ニュース」にも掲載するので、ぜひ読んでいただきたい。
どころで、我ながらうかつだったが、「お勉強の時間」に「不要な工事の時間」や「必要だがされていない工事の時間」がない。タイトルを考えて今月末をめどに書きたいと考えている。

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ