ホーム吉信社長の工事現場日記工事現場日記ベストセレクション伝えたいこと

お問い合わせ・資料請求

工事現場日記ベストセレクション

過去の工事現場日記の中から読んでいただきたいものを厳選

ここから本文です。

伝えたいこと

 今日、耐震診断でおうかがいしたあるお宅の話です。すでに定年退職をされて10年以上になり、「収入がないから、家の事も全て自分でやっている」という御主人とお話しすることができました。
まず、シロアリ駆除を毎年ご自身でされるとおっしゃったのですが、私は最初、中途半端なやり方で無駄な努力となっていないかと心配になりました。しかし、驚くことによく勉強されていて、業者のやり方と大差ない方法でされていました。薬もホームセンターの安物でなく、特別に業者の方からわけてもらっていたようでした。
外壁の塗装も時間をかけて、はしごを何度も掛けなおして、ご自身で塗られたそうです。しかし、この御主人の苦労はこの説明だけではわかりません。なぜならば、この御主人は脳梗塞を患っており、15分しか連続で立っていられないからです。さらりとお話されていますが、非常な困難が伴う作業をされていたのだと思います。
屋根の話になったときです。私は一瞬、重たい空気を感じたのですが、やはり飛び込み営業の会社で屋根工事をしたらしいのです。「300万近くかかった」とおっしゃるのですが、私の目にはその半分でもまだ高い工事に思えました。「そうですね、少し高いですかね」と答えるのが精一杯でした。
不自由な体で、大切な家を守る為に、頑張っている古希をすぎた御主人。知ってか知らずか、不当に高い工事をすすめる飛び込み業者。言いたいことが山のようにあり、必死に何かを、社員に・子供に伝えたいのですが上手く言葉にならない。ただ、業者を非難したいだけではない、得体のしれない怒りと哀しみとが交錯し、何かを伝えたいのですが、どうやら私の能力を超えているようです。

一覧

アーカイブ

このページの先頭へ