ホーム吉信社長の工事現場日記小学生の子がいるのも今年で最後

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2017.04.10

小学生の子がいるのも今年で最後

今日は久しぶりに思いっきりプライベートネタで(微笑)。

新年度に入りました。うちの三人娘はそれぞれ、高3、中2、小6となりました。ああ、ついに小学生の子がいるのも今年で最後かと思うと時の流れの速さに驚きます。長女と三女が6つ違いなので、吉信家に小学生がいてるのは足掛け12年になります。

最初のうちは仕事がまさに勝負どころの時期だったこともあり、あまり小学校に行くことはありませんでした。「学校行事に参加するのは女親の役目、男親はお金をかせぐ」という古臭い価値観で生きておりましたのでなおさらでした(笑)。

ところが長女が5年生の春、思いもよらずPTAの会長をおおせつかり、それから数年はしょっちゅう学校に行くようになりました。おかげさまで子どもとの会話も増えて、それはいい経験をさせていただきました。

現在はまた、あまり学校に行っていません。昨年はバザーにも行かずでした。でも、いよいよ最後かと思うとこの一年はしっかりと小学校に通おうと思います。会長時代以来の皆勤賞を目指しています(微笑)。

もう「子どもたちにはこれ以上大きくなってもらいたくない」と思い始めてから、何年たちましたかね。人生とは本質的に淋しいものです。

——————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
内村航平、全日本選手権10連覇、すごいですね!10年間もトップであり続けるのは尋常じゃないと思います。競輪の中野浩一と柔道の田村亮子を思い出しました。しかし、すごい人はすごい。プロ野球でいうと10年連続でタイトルを取る人はおらん。しいて言えば王さんとイチローか。
では、またお会いしましょう!

一覧

このページの先頭へ