ホーム吉信社長の工事現場日記うだつの町並み

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2016.06.19

うだつの町並み

奈良匠の会(地域工務店の会)の旅行にて、高松は美馬市脇町の「うだつの町並み」を見学してまいりました。

「うだつ」とは、壁面からつき出したしっくい塗りの袖壁で「火よけ壁」とも呼ばれ、隣家とひっついた町並みで、防火の役目をはたしていました。

IMG_0146

江戸時代、裕福な商家はこのうだつをあげた立派な家を競って建てました。甲斐性がないとできないことから「うだつがあがらない」の語源になっています。

立派なうだつがあがった家が連続する町並みを見て、「ああ、俺もなかなかうだつがあがらんなあ・・・」と一人、苦笑しておりました。

ちなみに、屋根の上にたちあげる小さな屋根も「うだつ」と呼ぶことがあるそうで、私はもともとそちらのほうを聞いておりました。

帰って調べてみると、どちらも「うだつがあがらない」の語源だとされています。まあ、語源なんてそんなものか(笑)。私の感覚で言うと、屋根の上のうだつのほうが、本来の意味のニュアンスが伝わりやすいように思います(微笑)。

さて、家をさわることはないと思いますが、うだつがあがるように頑張ろう!

——————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
今日は父の日ですね。家族は何やら計画をしてくれているようです。私は子どもの頃、何もしてこなかったので、今にして後悔の思いがあります。できが悪いっていうのは仕方のないもんですね(泣)。
では、またお会いしましょう!

 

一覧

このページの先頭へ