ホーム吉信社長の工事現場日記うちはのんびりした営業なんです

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2020.08.20

うちはのんびりした営業なんです

 今日、新築で商談中のお客様がいらっしゃったのですが、「他社(名前は聞いている)で話はすすんでいるが、もやもやする」とのこと。今日は「もやもやする」を20回ぐらいおっしゃっていました。

 最初におっしゃったのは、「社長さんは自信たっぷりで相手の提案の内容も何も聞かないし、急がせることもなく黙って待ってくれる」「先方は大吉建設さんのプランから見積まで全て見せて欲しがる(結果的に見せた)だけでなく、やいやい契約を急がせる」。これも結果的に30万円の仮契約を結ぶ。

 プラン提案も「大吉さんのは興奮したけど、先方のはがっかりした」。うちの若手の設計はなかなかやるんです。うちの小林をずいぶん褒めてくださいました。

 金額についても見積もりを出した時から聞いてはいましたが、どうもうちのほうが数百万安かったようです。

 営業フローや契約後の打合せ回数なども、先方のやり方に納得できないとのこと。当社のシステムを説明するとため息をついていらっしゃる。

 よくよく聞いていると、明らかに全ての面において当社のほうが良いと感じていらっしゃるのに、いきががりと強引な営業の展開で仮契約をして一定金額を払っているので簡単に引き返せないとのこと。強引って強いなあ。

 「どうしたらいいですか」と言われましてもねえ(苦笑)。感じたことを色々と申し上げましたが、ここでは触れません。

 「どうしてあんなに急がせるんでしょう?自信がないんですかね?」と聞かれたのですが、実は多くの不動産屋さんとか住宅会社は急がせるものです。そういう商売なんです。気が変わったり、外野からいらんチャチャが入るのを恐れているので、その意味では自信がないんです。

 正直なところ、うちもそんなに自信はないんですが(苦笑)、私は契約などの形でしばって家を建てたくないんです。あくまでも納得してうちを選んでもらってその上で気持ちよく家を建てたいんです。気持ちが変わりかけたお客様を強引に引き止めたくないんです。

 昔から、こんなにのんびりした営業なので正直なところ、2~3年に一度ぐらい契約後にお客様の心変わりで契約破棄をすることがあります。そんな私が契約を急いでしばろうとするわけない。だから、ようお金儲けせんのです(泣)。

 お客様には「むしろ先方のほうが普通でうちが少し変わってる」とは言っておきました(微笑)。

 しかし、先方が気に入ったからそっちで頼むと言われたら「わかりました!いい家づくりになるといいですね」ってなもんですが、「こっちがいいけど成り行きで・・・」てな話になると、私ももやもやしますがそれ以上に、せっかくこれから楽しい家づくりが始まるのにかわいそうだなと思ってしまうのです。

--------------------------------------------------

 こんにちは、吉信秀樹です。
最近は「毎日、暑いですね~」とあいさつされることが多いですが、私はそんなあいさつはいたしません。夏は暑いもんです。男は暑いの寒いのそんなに口にせんでよろしい。心は大村益次郎です。
 では、またお会いしましょう!
 

一覧

このページの先頭へ