ホーム吉信社長の工事現場日記お施主様が自分で色々とされるのも心苦しいところあり

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2020.02.10

お施主様が自分で色々とされるのも心苦しいところあり

先日、屋根の葺き替え、外壁塗装、内部は吹き抜けを床にして収納を作るといったリフォームをさせていただいたのですが、リフォーム後、手をいれていないところをお施主様が自分でされています。

例えば、塀の塗装などですが、けっこう大きな塀でなかなか大変だと思います。しっかり養生されて、購入されている塗料もプロが使う一斗缶です。

もし、予算的に余裕があれば一緒にまかせてくださったかと思うのですが、やはり高額だと判断されたのでご自身でされるという判断になったのだと思います。

でも、いきさつとしては、当社も含めて3社の相見積もりの結果選んでいただけたので、決して高くはなかったと思うのです。これだけコスト意識の高いお施主様ですから、もし当社が相場よりも高かったら相見積もりではねられていた可能性が高いと考えられますから。

その証というわけではないですが、工事中に追加で色々とお問い合わせをいただきましたが、金額をお伝えすると全て「自分でなんとかしますのでそれは結構です」というお返事をいただきました。

誤解のないように申し上げますと不平を言ってるわけではありません。申し訳ないのです。お施主様が気持ちよく全部頼むことができる金額になっていないことが申し訳ないというか心苦しいのです。

それでも相見積もりの結果選んでくださったという事実だけが、「うちは別に悪くはないかな」と内心で自己弁護させるのです。

——————————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
バドミントンの桃田選手、実は骨折してたとのこと。マレーシアでもそうですが、帰国しての最初の精密検査も何してるのかな?もう少ししっかりしてもらいたいと思うのは私だけではないと思う。
では、またお会いしましょう!

一覧

このページの先頭へ