ホーム吉信社長の工事現場日記横綱相撲

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2019.07.20

横綱相撲

昨日もまた白鵬がぶさいくなことをしました。まあ、横綱とは認めがたい。白鵬はよく「横綱とは相撲のチャンピオンだ」といった旨の発言をしていますが、それは違う。他競技のチャンピオンと大相撲の横綱は全く違うものです。

横綱相撲という言葉があります。日本では相撲以外の競技でも王者の風格がただよう勝ち方に横綱相撲であると評価します。それで言いますと、チャンピオンボクシングやチャンピオン野球などという表現はありません。横綱野球という言葉はあります。

横綱相撲とは、少々自分が立ち遅れて不利であっても「待った」をせずに立ち、受け止めて勝つ。立ち合いの変化などもってのほかで、横綱とは勝てばいいのではなく、勝ち方が求められる。白鵬なんぞはプロレスのエルボーまがいのかちあげもどきの技やはなはだしい時には猫だましなど、どう贔屓目に見ても横綱の品格があるとは思えない。

そもそも、本人がチャンピオンの認識であって、勝てば何でもいいと思っている。横綱相撲という言葉なぞ関心がないし、品格などという言葉も全く理解できない。彼は強いかもしれんが、横綱ではない。

大相撲を愛する者としては、品格を理由に横審には引退勧告をしていただきたい。

——————————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
阪神タイガース、さっぱりですね。完全に梅雨、真っただ中です。新外人は働くのかな。
では、またお会いしましょう!

一覧

このページの先頭へ