ホーム吉信社長の工事現場日記死刑執行は当然じゃないでしょうか

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2018.07.07

死刑執行は当然じゃないでしょうか

オウム真理教の麻原をはじめ7人の死刑が執行されたことにつき、マスコミではどうも反対意見が多そうですが、何かおかしくないですか?私としては、むしろ遅かった。

よく、「犯罪者にも人権がある」といった発言をされる方がいますが、そもそもここがおかしいと思います。義務と権利はセットのもので、義務をはたさない人に権利はありません。

例えば、サラリーマンは会社や上司の意向を受けた仕事をするという義務をはたしたうえで、給与をもらうという権利が発生しますが、そもそも働かない人が給与をもらう資格があるのかといった話です。ろくに出勤もせず、出てきても上司の言うことを聞かず、給与だけ一人前にくれという社員がおればマンガです。

同様に、他人の人権を守らない人に自分の人権を主張できる権利があるかというと、ないんじゃないですか。それが普通だと思います。厳密な捜査や裁判の上で、他人の人権を侵した犯罪が確定した者については人権など与えなくてよい。

「死刑は殺人、人殺しと同じ」という人もいますが、これもおかしい。では、罪をおかして刑務所に入れてるのも拉致と一緒か?どう考えても違うと思います。死刑は人殺しというのは、そういうレベルの話です。

量刑には、やはりみせしめや犯罪のブレーキといった意味合いもあると思います。その意味でも死刑は必要かと思います。悪いことをしたらバツがある、はなはだしいときには、それは死になる。それで問題ないというか、むしろ望ましいと思うのですが、極端ですか?

私に言わせると、死刑廃止論者はヒューマニズムを誤解し、義務と権利がセットであるという世の中のルールを理解されていないように感じます。

日本では「自己責任」という言葉も死語になりつつある。死刑執行は自己責任です。特に今回の場合、情状酌量の余地もない。

———————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
この大雨で厄難を受けていらっしゃる方、お見舞い申し上げます。私の通勤には全く交通機関の影響がないのでありがたいことです。気楽なもので、世間のみなさまに申し訳ない気持ちです。
では、またお会いしましょう!

一覧

このページの先頭へ