ホーム吉信社長の工事現場日記さあ、梅雨明け!やっと屋根がめくれる!

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2020.07.31

さあ、梅雨明け!やっと屋根がめくれる!

 近畿もようやく梅雨があけました。今年は長かったですね。結構泣かされました。雨も世の中には必要なものなのですが、我々の仕事にとっては難儀なことが多いのです。

 今回はかなり大チョンボをしてしまいました。屋根の葺き替えのために足場を組んだのですが、雨のお陰で工事にかかれず、足場を組んだまま2週間も放置せざるを得ない事態になってしまったのです。こんなことは私の30年のキャリアの中でも初めてのことです。

 まず最初の失敗は屋根の職人さんの言い分をうのみにしてしまったことです。「〇〇日からいける」がどんどん伸びる。梅雨時やってわかってなかったんかい!雨で延びながらやことぐらい読んでるだろうと思いきや、かなり読みが浅かった。

 おまけに今年の梅雨は例年に比べてよく降ったし長かったので、ずいぶん見当がくるってしまいました。

 私の一番の誤りは足場を組む段取りを延ばそうとして職人さんと相談したとき、「このあとずっと詰まってるから、2週間先になる」と言われて2~3日あいても仕方ないかと思って予定通り組んだら、結果的に2週間先になってしまったということです。

 こんなどんくさい段取りをしたのは本当に初めてなので、穴があったら入りたいぐらい恥ずかしいのですが、自戒の意味も込めてカミングアウトしました。

 いや、自分のことよりも中途半端な状態でほったらかしにしてしまったお客様に申し訳なく、針のむしろにおるような2週間でした。本当にごめんなさい。

 お客様は古いお得意様で今回が18回目のご依頼です。決して愉快ではなかったと思いますが、どんなにどんくさい段取りのことを伝えても、いつも上機嫌で「はい、わかりました」としかおっしゃいません。いつもありがとうございます。これを読んでくださってはいないと思いますが、そのやさしいお気持ちに甘えずにしっかり頑張ります。

--------------------------------------------------
 
 こんにちは、吉信秀樹です。
実は痛風が気になりだしたのでいまアルコールを休んでいます。いつもは一気に腫れあがって最初がピークなんですけど、今回はなんか治りかけのような症状からスタートしてるんです。腰痛と同じパターンの変わり方をしてる気がします。さて、どうなりますことか。
 では、またお会いしましょう!

 

一覧

このページの先頭へ