ホーム吉信社長の工事現場日記バルコニーと耐震の関係

お問い合わせ・資料請求

吉信社長の工事現場日記

大工あがりの吉信社長が人生観を語るブログ

ここから本文です。

2020.08.04

バルコニーと耐震の関係

 昨夜、お客様から相談のラインがありました。時代ですね、最近のお客様とのやりとりはラインが中心です(微笑)。Eメール、PCメール、ショートメール、FBのメッセンジャーとお客様とのコミュニケーションは多様化してきました。電話だけはかなり減りました。いきなり余談ですいません。

 さて昨夜のご相談は、購入を検討中の中古住宅が「2000年基準より前で二階バルコニーが張り出しすぎだから耐震大丈夫でしょうか」といった内容です。

 耐震が2000年6月以降の建物は現行の基準なので問題ないのですが、その建物は1998年の建築なので大丈夫かという疑問。よく勉強されていらっしゃいます。ここについては今日のテーマじゃないので次に譲ります。

 そのあとに誤解がありました。「二階バルコニーが張り出しすぎだから耐震大丈夫でしょうか」これは何かでオーバーハングのことを読まれたのでしょうが、よくわからなかったのだと思います。

 オーバーハングというのは持ち出しのことです。つまり一階に何もないところに二階のバルコニーだけが張り出している状態です。これは耐震的にはマイナスポイントです。これだけで即あぶないという話にはなりませんが、耐震の評点は必ず下がります。

 今回の中古住宅については、普通に一階があって、二階に部屋がなく下屋になるべきところをバルコニーにしてるだけなので全く問題ありません。持ち出していないベランダはいくら広くても耐震強度はさがりませんのでご安心を。

 大吉建設ではリノベーションの見積の際には必ず耐震診断をして必要な補強は提案させていただきます。ラインの最後は「まあ、耐震のことはまかせといてください」でしめておきました(微笑)。

--------------------------------------------------

 こんにちは、吉信秀樹です。
禁酒生活も6日目に入っていますが、家族は無関心です。前からですけどね(苦笑)。毎日飲んでた私が飲んでないのに何も感じてないようです。たまには褒めて欲しいんだけど(笑)。まあ、そのうち好きなだけ飲んだる(大笑)。
 では、またお会いしましょう!

 

一覧

このページの先頭へ