昔のリフォームちらし

今日の夕方、飛び込みでショールームに屋根の葺き替えの相談に来てくださった老夫婦がいらっしゃいました。社員がお相手をさせていただいたのですが、私も途中でのぞきに行き、ごあいさつさせていただきました。

上機嫌で色々とお話ししてくださったのですが、なんでも当社が私の自宅で営業していたころのちらしのキャッチが印象に残って、ずっと大吉建設を覚えてくださっていたとのこと。すごい話ですね、10年は前のことかと思います(微笑)。

創業当時はお客様もあまりなかったので、ちらしもうんうん考えて作りました。残念ながらどんなキャッチだったかは覚えていないそうです。でも、そのちらし1枚でずっと覚えてくださっていた・・・すごいちらしですね。

もう10年はリフォームのちらしを打っていません。下手なこともありますが、正直なところ必要がないからです。おかげさまで、ちらしを打たなくてもリピートと紹介で仕事がつながるようになりました。ありがとうございます。

このご夫婦のお役に立つことができるかどうかはまだわかりませんが、ご縁があれば素敵なことだと思います(微笑)。

———————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
今日、三女ななちゃんが修学旅行から帰ってきます。二泊三日で沖縄です。私が小学生の頃は一泊二日で伊勢だったので時代を感じます(微笑)。
では、またお会いしましょう!

シロアリと住宅インスペクション

そろそろ羽蟻の姿が目立つ季節になってきました。そうです、シロアリ対策を意識する季節ということです。

昨年の6月に行われた宅建業法の改正により、中古住宅を購入する際のインスペクション・・・簡単にいうと専門家による調査が促進されることになりました。このことはエンドユーザーが安心して中古住宅を購入することができるようになるという意味でとてもいいことだと思います。

さて、そのインスペクションの内容と費用については会社によって色々ですが、シロアリの検査と保証もインスペクションの中に含むことができます。調査の上、適当と認められたら、シロアリの防除工事をしていなくても、蟻害について保証されるわけです。つまり、安価に保証が受けられる可能性があるということです。普通はシロアリの工事をしないと保証が受けられません。

ところが、当社も加盟している木耐協のルールでいうと、
〇 築30年を過ぎた物件
〇 在来の湿式浴室(タイル貼り等であって、システムバスでない)
の場合、調査以前に保険の引き受けは不可となります。それだけでシロアリの危険が相当に高いという判断です。

脅すように聞こえては恐縮ですが、シロアリは怖いです。家の基本のところがグサグサになります。大地震の時にはかなり危険です。

特に気にされていなかった方にお伝えしたいのですが、ご自宅が築30年以上、またはタイル貼りのお風呂である場合、念のためにシロアリの点検をおすすめいたします。

もちろん、大吉建設でもシロアリの調査はお引き受けいたします。お気軽にお問い合わせください。

———————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
今日は妻の友人が会社によってくれたのですが(もちろん女性)、私との会話が盛り上がることにあきれた妻が「今度、二人で飲みに行っといで、個室にしときや!」と言われました。どうせいと言うのだろう(笑)。
では、またお会いしましょう!

小学生の子がいるのも今年で最後

今日は久しぶりに思いっきりプライベートネタで(微笑)。

新年度に入りました。うちの三人娘はそれぞれ、高3、中2、小6となりました。ああ、ついに小学生の子がいるのも今年で最後かと思うと時の流れの速さに驚きます。長女と三女が6つ違いなので、吉信家に小学生がいてるのは足掛け12年になります。

最初のうちは仕事がまさに勝負どころの時期だったこともあり、あまり小学校に行くことはありませんでした。「学校行事に参加するのは女親の役目、男親はお金をかせぐ」という古臭い価値観で生きておりましたのでなおさらでした(笑)。

ところが長女が5年生の春、思いもよらずPTAの会長をおおせつかり、それから数年はしょっちゅう学校に行くようになりました。おかげさまで子どもとの会話も増えて、それはいい経験をさせていただきました。

現在はまた、あまり学校に行っていません。昨年はバザーにも行かずでした。でも、いよいよ最後かと思うとこの一年はしっかりと小学校に通おうと思います。会長時代以来の皆勤賞を目指しています(微笑)。

もう「子どもたちにはこれ以上大きくなってもらいたくない」と思い始めてから、何年たちましたかね。人生とは本質的に淋しいものです。

——————————————————–
こんにちは、吉信秀樹です。
内村航平、全日本選手権10連覇、すごいですね!10年間もトップであり続けるのは尋常じゃないと思います。競輪の中野浩一と柔道の田村亮子を思い出しました。しかし、すごい人はすごい。プロ野球でいうと10年連続でタイトルを取る人はおらん。しいて言えば王さんとイチローか。
では、またお会いしましょう!

薪ストーブ

実は薪ストーブってあまり使ったことがありません。でも、3年前にリフォームで入れさせていただいたお客様からとても快適である旨を聞いておりますので、最近、「これから積極的におすすめしようかな」なんて考え始めています。

う~ん、自分の家にはきっと入れますね(笑)。

IMG_0943

今日は他の用事があったので、ついでに頼まれた薪をお持ちしました。たいそう喜んでくださったのですが、実は私もゴミが減って助かります(微笑)。

IMG_0980

工事現場で材木の端材はけっこう出るのですが、私たちはゴミにしてしまうしかありません。喜んで使ってくださったら木も喜ぶかと思います。当社で施工された方でなくても、薪ストーブ用の薪が必要な方はおっしゃってくださいね。おいとくようにしますので(微笑)。
IMG_0981

その薪ストーブで焼けた焼き芋をいただきました。ありがとうございます。

さあ、これから薪ストーブのことを少し勉強しようかしらん。

———————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
いよいよプロ野球が開幕しました。我が阪神タイガースはオープン戦の好調がどこかに行ってしまいましたね(苦笑)。でも、金本監督は期待してますのでこれから楽しみです。
では、またお会いしましょう!

上棟式あれこれ

今日は大和郡山市において上棟しています。何度やっても上棟というのは特別な日です。お施主様にとっても一日で建物の骨組みが組みあがる印象的な日でもありますが、私たちにとりましても特別な祝い事である日です。

その上棟式ですが、昔はお施主様が酒肴をご用意してくださって、現場でお施主さんや大工さんたちと一緒に飲んだものです。なんとも言えない、気持ちの良い時間でした。あんなにうまいお酒はそうありません(微笑)。

しかるに昨今は飲酒運転の罰則が厳しくなり、もう上棟式の時に現場で飲むこともしなくなりました。近年はビールや寿司折りなどをみやげに持たせてくださることが多くなりました。今の大工さんはそれで普通の光景なのでしょうが、私は現場で宴会することが普通の時代に育ってきましたので、まあ、少し淋しくなったなあという思いはあります。

さて、お施主様からはよくこんな質問を受けます。
「上棟式はやったほうがいいですか?」

これについては、お施主様のお気持ち一つですが、私はたとえささやかであってもしたほうがいいと思います。私はよく家づくりと結婚は似ていると申し上げるのですが、言うならば上棟式とは結婚披露宴のようなものです。

披露宴などせずに籍だけ入れて一緒に暮らすだけでも、十分に結婚の意味があると思います。披露宴をしなければ結婚の値打ちがないといったものではありません。でも、一生に一度(?)のことですから、事情や予算が許すのならやはりやっておきたいものじゃないでしょうか。上棟式もそんなものだと思います。

私は18年前に自宅を建てて上棟式もしました。身内や大工さんたちと現場で楽しく飲んだものです。でも、残念ながら写真を全く残していないのです。もったいないことをしました(泣)。

いまは、お施主様の思い出に残るように、写真を撮るためだけにスタッフも連れてきて上棟式をしています。自分の家を建てるときは、ただ必死でほとんど写真を残していないのですが、それを埋め合わせるかのようにお施主様の写真を撮りまくっています(笑)。

残念ながら、本日は久しぶりに上棟式を行わない上棟になりました(微笑)。

———————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
いささか旧聞で恐縮ですが、稀勢の里の優勝、すばらしかったですね。まさに貴乃花以来ですが、私は逆に少し心配になりました。結局、貴乃花はあの優勝と引き換えに引退したようなものでした。40年来の大相撲ファンである私は、何とかこの虎の子の日本人横綱に長持ちしてもらいたい、その一心です(微笑)。
では、またお会いしましょう!

 

全国から工務店さんが見学に来てくださいました!

16日のことですが、いやし健康増進住宅研究会(東京)主催の勉強会があり、全国から工務店さんが当社の現場とショールームを見学に来てくださいました。参加してくださった会社さんの所在地を書いてみると、新潟、岐阜、茨城、東京、愛知、兵庫、京都、岡山、広島、鳥取、徳島とまさに全国からです。総勢31名です。本当にありがとうございます!

写真 2017-03-16 13 56 57

今回はお子様のアトピーを治すために最新の電磁波対策をさせていただいた住宅での入居体験を住まい手様に語っていただくのが主な内容でしたが、頑張って家全体のことをたっぷり話してくださいました、ありがとうございます!

入居後、ひと月半ほどしかなっていなかったのですが、驚くべき効果がありました。
「子どもが前の家にいてる時と比較してよく眠るようになった」
「子どもだけでなく、私たちもよく眠れるようになった」
「子どもの肌がどんどんきれいになっていく、それが何より」
「私も花粉症だったが、今年はまだ症状が出ていない」
「バナナが長持ちする気がする」  (抗酸化の効果)

P3160017

みなさん、聞いていらっしゃるうちにため息をつかれていました。私も改めて『いやしろの住まい』はすごい!と感じました。

断熱性能のことにもふれてくださり、
「来る人がみんな暖かいねえ、二階も暖かいのが不思議なんて言ってくれます」
ととても満足してくださっている様子が伝わってきました。

写真 2017-03-16 15 21 57

会社に移動し、しばしショールームの見学をされました。パシャパシャ、写真を撮っておられて嬉しいような恥ずかしいような気持ちでした。まあ、恥ずかしいほうが強かったですね(微笑)。

写真 2017-03-16 15 46 27

その後、私から大吉建設の取り組みについてお話をさせていただきました。みなさん、弊社よりもよほど立派な会社ばかりなので、これも正直なところ恥ずかしかったのですが、『いやしろの住まい』の取り組みでは私どものほうが少し先輩ですので、経験などお話させていただきました。

私としてはみなさんのお役に立てるようにとの一心でしたが、終了後、たくさんの方に「いいお話をありがとうございました」と言っていただけてほっと一息をついたところです。

———————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です!
WBCもいよいよ佳境に入ってきましたネ!明日の準決勝、楽しみです。しかし、外国はどこもメジャー組が中心なのに、どうして日本はメジャー組の参加が少ないんですかね。マーくん、ダルビッシュ、マエケン、岩隈あたりがいないと、本当の意味で全日本ではないような気がします。
では、またお会いしましょう!

森友学園のこと

最近、毎日のようにテレビで見ていますが、日本には日本のことを悪くしたがる人があまりにも多く、ただただ残念です。マスコミの左翼化などは言われて久しいですが、まあここまで極端になると「あなたたちは、どこの国の報道機関か!」と言いたくなります。

確かに、幼稚園の運動会での「安倍首相がんばれ!」は少しやりすぎかなと感じますが、基本的に母国の首相をたたえて何がいけないのか。金正恩をたたえる朝鮮学校には税金で補助をしているらしいが、そっちは問題ないのかな。拉致問題も一向に解決しないし、全く近代国家にほど遠い独裁者をあがめるのはOKで安倍さんはあかんか。

教育勅語は一度読めば誰でも理解できると思いますが、軍事色など全くない、実にすばらしい道徳教育です。色々な意見があるとは思いますが、戦後、日本人の道徳心などが地におちたと言われるのは、決して教育勅語をアメリカに取り上げられたことと無縁ではありません。

塚本幼稚園はいい教育をしていると思います。英語なんざをさせるよりも教育勅語のほうがどれだけ人間がしっかりするかと思います。教育勅語で軍事国家にもどるなどというのは、悪質な情報操作か全くの無知によるものとしか言いようがない。

わかってる人、思ってる人はたくさんいるが、正論を言うとたたかれるので口を閉ざす。面の皮の厚い中韓の連中がとんでもないデマを言い続け、日教組の教育しか知らない若者は信じて左傾化する。日本の闇は深い。

森友学園には日本代表として頑張ってもらいたい。

———————————————————
こんにちは、吉信秀樹です。
明日の夜は妻がおでかけで、夕食の用意をまかされています。さて、何にしようかしらん。自分の分だけなら簡単でいいのですが・・・。と言っても簡単なものしか作れませんけどね(笑)。
では、またお会いしましょう!

 

新築住宅の着工式

今日は来月着工の新築住宅の着工式でした。

一般的に、この業界では職人さんがお施主様の顔をしらないことが多いのですが、それってあまりいいことじゃないのじゃないか、全員は無理だけど主だった職人さんぐらいお施主様にあいさつをさせてもらってお施主様とコミュニケーションをとっていただこう!という趣旨の式典です。

新築ではずっと行っていますが、これまでもお施主様からは好評で、
「職人さんたちと少しでも話せてよかった」
「現場に行きやすくなった」
などと言っていただきました。

1行程会議

さて、着工式の前には行程会議があります。大工さんを中心に職人さんたちで工程の確認を行います。ここで意見をだしあって、毎回少しずつ工程表の内容も進化しています。もちろん、この場にはお施主様は同席はしていらっしゃいません。

お施主様の入場とともに着工式が始まります。大工の棟梁をはじめとし、職人さんが順番にお施主様に自己紹介とともにあいさつをしていきます。

奥中

このへんは改善の余地があって、次回からもう少し突っ込んで自己紹介をしていただこうかと思います。今回はお施主様がご家族のことまでしっかりとお話しくださったので、なおさらそのように感じました。

フル ページ写真

最後に集合写真を撮ります。この写真は工事期間中ずっと現場に飾っておきます。この日、お施主様に誓った良品質施工を忘れないためと、この日に来ていない職人さんにもお施主様の顔を教えるためです。

この人たちのためにいい家を建てるぞ~!お~っ!の掛け声とともに一枚。今日のこの日がお施主様ご家族のいい思い出になりますように(微笑)。

今回もお施主様より感謝と期待の言葉を頂戴しました。やってよかった!!

———————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
先日、何年ぶりかかでボウリングに行きました。昔はちょっとこったこともありました。いきなりガータで最初の3フレームはノーマーク(ストライクもスペアも無し)でしたのでどうなることかと思いましたが、何とか2ゲームとも160、156ぐらいでまとめることができました。しかし、自信はなくしました(苦笑)。
では、またお会いしましょう!

ハウスオーナー様訪問ツアー

昨日はハウスオーナー様訪問ツアーでした。大吉建設で新築された住まい手様の住宅を見学させていただくツアーです。よく完成の見学会などはあるかと思いますが、このように現在お住まいになっているご自宅を見せていただく機会はあまりないかと思います。

当社の家づくりはデザインや安さなどではなく、空気がきれいで健康を増進すること、冬でも家中が暖かい高気密高断熱が売り物なので、なかなかパンフレット等では納得しがたいものなので、お住まいの方に感想を聞く、といったこんな会を行っております。

当社で新築をされたお客様は、たいていご自身も一度はどこかをご覧になっていらっしゃいますので、「私たちも見せてもらって参考になったから」「お役に立ちたいから」と言ってご協力くださいます。ありがとうございます!

今回は4組9名の方が参加されたのですが、住まい手様ご夫婦が熱心にお話しくださったので、「喜びが伝わった!」などみなさんとても感心してくださいました。

DSC08647

中でも、奥様が「いままで毎年秋になると鼻炎で耳鼻科通いしてたのが、この家に住みだしてから行かなくてすむようになりました」「気になって調べてみたら、去年は同じ時期に7回も病院に通ってました」とお話ししてくださった時には、思わずためいきが漏れました。

トイレのドアもあけて、「本当や、トイレまで暖かい!すごい!」と歓声のような声があがり、とても楽しそうでした。

DSC08652

おいとまする時に、「またお願いしてもいいですか?」と住まい手様に打診したところ、「自慢の家なんで、少しでもたくさんの方に見てもらいたいんで、ぜひ来てください」とのお言葉を頂戴しました。本当にありがとうございます。とても嬉しい時間でした。これからもたくさんの方に喜んでいただける家づくりをすすめていきたいと思います。

———————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
三女のななちゃんは最近、私の本をよく読みます。司馬遼太郎や海音寺潮五郎など歴史ものです。実は昨日、松本清張の本も与えました。喜んで読んでいます。まだ小学五年生です。おそるべし。
では、またお会いしましょう!

 

バレンタインデーの義理チョコ禁止

以前にも書きましたが、当社はバレンタインデーの義理チョコは禁止です。「もし、くれたら本気とみなす」と言っています(笑)。お互いに気を使いたくないからです。

そうするのが好きな人もいるかもしれませんが、私が女性なら義理チョコなんて買いたいとは思いません。みんなしてるからしないといけない、そんな空気を作りたくないと思っています。私も義理チョコのホワイトデーのお返しは面倒です(微笑)。昔、ホワイトデーなるものが一般に知られてなかった頃は気軽でしたけどね。

プライベートでも義理チョコは「お互いに気を使わんでいきましょう」という意味で遠慮したいところですが、なかなかそうもいかないので不便なものです。その点、社内では「禁止」と言い切ればいいので気楽なものです(笑)。

妻に言わせると、味気なくてつまらないそうですが、まあ「虚礼廃止」といったところですかね。そういうと、大義名分がたちますでしょ(笑)。


こんにちは、吉信秀樹です。
先日、不注意で顔にケガをしました。跡が残ると言われましたが、確かにしっかりと残りそうです。男の顔なのでどうっちゅうことないと思っていましたが、予想外に目立ちまして、いささか傷心気味です(微笑)。
では、またお会いしましょう!