バレンタインデーの義理チョコ禁止

以前にも書きましたが、当社はバレンタインデーの義理チョコは禁止です。「もし、くれたら本気とみなす」と言っています(笑)。お互いに気を使いたくないからです。

そうするのが好きな人もいるかもしれませんが、私が女性なら義理チョコなんて買いたいとは思いません。みんなしてるからしないといけない、そんな空気を作りたくないと思っています。私も義理チョコのホワイトデーのお返しは面倒です(微笑)。昔、ホワイトデーなるものが一般に知られてなかった頃は気軽でしたけどね。

プライベートでも義理チョコは「お互いに気を使わんでいきましょう」という意味で遠慮したいところですが、なかなかそうもいかないので不便なものです。その点、社内では「禁止」と言い切ればいいので気楽なものです(笑)。

妻に言わせると、味気なくてつまらないそうですが、まあ「虚礼廃止」といったところですかね。そういうと、大義名分がたちますでしょ(笑)。


こんにちは、吉信秀樹です。
先日、不注意で顔にケガをしました。跡が残ると言われましたが、確かにしっかりと残りそうです。男の顔なのでどうっちゅうことないと思っていましたが、予想外に目立ちまして、いささか傷心気味です(微笑)。
では、またお会いしましょう!


 

マイホームフェスタに参加して・・・お客様のありがたさ

4日5日となら百年会館で開催されたマイホームフェスタ2017に出展しておりました。当社は第一回よりすべて出展しています。毎回、色々な出会いがあり、とても楽しみにしています。

 

attachnt01

今回特に印象に残ったのは、
「友だちが大吉建設さんで建てて、すごくよかったって聞いてるから・・・」
「大吉さんの家って暖かいって聞いてたから・・・」
「お隣が大吉さんでリフォームされてて、雰囲気がよかったから・・・」
といった理由で、ブースに立ち寄りご相談くださった方が3組ありました。

これは嬉しいです、ありがたかったです!頼んでくださっただけでありがたいのに、こうしてまわりの方にすすめてくださっているのがわかると、また感謝の想いがあらたになります。

すすめてくださった方のお顔をつぶさないように、せっかくのご期待を裏切らないように、一生懸命頑張ります。

ありがとうございます、このことだけで幸せな気持ちにさせていただきました(微笑)。

———————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
イベントの二日間立ちっぱなしでしたが、腰の痛みがずいぶんとマシでした。去年の手術がきいてるのかな、ありがたい、ありがたいです(微笑)。
では、またお会いしましょう!

 

 

 

 

 

新築住宅の引き渡し

今日は引き渡し式でした。たいていの住宅会社の引き渡し式は、営業さんなど会社のスタッフのみというのが一般的かと思いますが、当社の引き渡し式は職人さんにも来ていただきます。

IMG_0811

それは、たくさんでお祝いをして差し上げたいということもありますが、それ以上に職人さんたちに家が完成したところを見せてあげたいという思いの方が強いです。普通は職人さんは自分の担当の仕事が終わったら、二度と現場をみないものです。用事が終わったら行くことないですよね(笑)。

でも本当は、完成したところを見て、お施主様が喜んでいらっしゃるところを見ることは、大きなモチベーションになるのじゃないかと思います。特にお施主様が感動して涙を流された時など、いい歳の職人さんが「ええもん見せてもらいました、次からもっとええ仕事さしてもらいます」と言ってくれたこともあります。

私も大工の手間請けをしていたころは、完成した姿を見ていないし、工事中によくおしゃべりしたお施主様がどんな反応だったかも見たことがありません。いつも気になっていました(微笑)。「〇〇さん、喜んでくださってるかなあ」なんて。

「引き渡し式に来てください」と案内を出すと、面倒くさがる方もいらっしゃるのですが、残念ながら少し勘違いをされているかと思います。本来これは、元請けからの義務や面倒くさい仕事ではなくて、職人さんの「権利」だと思っているのですが、こう思ってるのは私だけですかね(笑)

IMG_0810

テープカットもお約束のプログラムです。すでに中に入って確認もされているので本当に形だけですが(笑)、これも思い出になればいいなと思っています。

IMG_0812

 

式の途中では、家づくりをまとめたDVDをみんなで鑑賞します。お施主様は本当に目をキラキラさせて見てくださいます。施工した職人さんの写真や名前もでてきます。希望される方には焼いてプレゼントします。私が大工の頃、こんなの作ってくれたら買ってでも残しておきたかったんですけどね(笑)。

このビデオは家づくりを一生の思い出にしてさしあげるために、家を建てるたびに作ります。結婚披露宴には簡単に負けんぞ!そんな気持ちです。でも見るたびに、もっといいもんを作らんといかん!そう思います。

IMG_0813

いつも最後にあいさつをさせていただきます。もう、いつものことですが、この時は感謝の気持ちしかありません。信頼してまかせてくださったお施主様、家づくりをまとめてくれた社員、お施主様を裏切らない仕事をしてくれた職人さん・・・感謝、ただ感謝のフィナーレです。

———————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
稀勢の里やりましたね!大相撲ファンの私としては19年ぶりの日本人横綱は嬉しい限りです。明治神宮の人の出もすごかったですね。貴乃花以来の18000人ですって。いまの横綱は強いだけで横綱らしいところがないので、稀勢の里、期待大です。
また、お会いしましょう!

 

 

 

朝の掃除

一昨日、ショールームに飛び込みでお客様がちょっとしたリフォームの相談に来てくださいました。何でも職場が近くで、毎朝、当社の前を通っているとのこと。毎朝、当社が会社周辺の道路のゴミひろいをしているのを見ていて常々感心してくださっているとのこと。ありがとうございます!

それが理由でリフォームのご依頼をいただいたのですが、実はこれが初めてではありません。毎朝、会社の前から西は24号線まで東は佐保川までゴミひろいをしている、それが営業になって時々仕事を頂戴します。

もともとは、現場で職人さんに朝はゴミひろいから始めよう!と言っているので、我々も朝はゴミひろいから始めよう!と社員全員でするようになりました。いわば、掃除だゴミひろいだと職人さんに言うからには自分たちもやらんといかんという強迫観念からなのですが(笑)、これが営業になるので世の中って面白いものですね(微笑)。

ありがとうございます、お天道様に感謝します。

———————————————————

こんにちは、吉信秀樹です。
ついに稀勢の里が優勝したそうですね、帰ってテレビで見よう!録画してるんです(笑)。さあ、次は綱取りか!頑張れ、日本人!
では、またお会いしましょう!

二級建築士の資格を遊ばせてませんか?

二級建築士の試験はそこそこは難しい、特に製図は3年やって合格できずあきらめる人も多いです。でも、頑張ったら絶対に合格する試験なので、何年もやってあきらめる人をみると「もっと頑張ったらいいのに・・・」と思ってしまう。

注)二級建築士の試験は学科と製図にわかれていて、学科を合格しないと製図が受けられない。学科を合格するとあと2年は学科の試験を免除されるので、合格した年と合わせて、3回製図の試験のチャンスがあることになります。

例えば、大学受験で東大を受けるとか、司法試験を受けるということになると少々頑張っても落ちる人はたくさんいると思います。でも二級建築士の試験はそこまで難しくないので、しっかりやったら誰でも合格できる試験だと思います。

それでも、そんなに簡単な試験でもないので一定の勉強はしないとあきません。さすがに自動車免許のようにイージーではないし、同じ国家試験でも宅建とはまた難易度が違います。ちなみに私は宅建も二級建築士も持っているのでよくわかります。

ところが、そうしてとった二級建築士の資格が完全に遊んでいる人がたくさんいらっしゃいます。おそらく宅建などはもっと多いと思いますが・・・。いろんな事情があるかと思いますが、一度は建築を志して現在他業種で仕事をされていらっしゃる方、もう一度建築をやってみませんか?大吉建設はそんな方も歓迎です。

——————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
最近、毎日お風呂上りにストレッチをしています。腰痛予防とお腹の出をおさえようとしています(笑)。お腹がへこむ気配はありませんが、身体は少し柔らかくなってきたように思います。
では、またお会いしましょう!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い申し上げます。

のんびりさせていただいたお正月休みも終わり、新しい年も始動しています。ごあいさつが今頃になり恐縮です(苦笑)。おかげさまで昨年は当社にとってとても良い一年となりました。今年もそんな気がします(笑)、ありがとうございます!

気が付けば、来年には20周年を迎えます。たくさんの方に助けていただいて今日があること、心より感謝いたします。これからもみなさんに必要とされる会社を目指して頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

———————————————————-

こんにちは、吉信秀樹です。
昨夜は大河ドラマ「おんな城主 直虎」を見ました。ちょっと脚本がきついなあと感じました(微笑)。今年も家族の共通の楽しみを提供してくださって、本当にありがたいことです。
では、またお会いしましょう!

 

鼻炎が治るリフォーム

シックハウスを意識したリフォームをさせていただきました。床の傾きを直すこと、無垢のフローリングをはること、SODリキッドを放射することです。

今回、このSODリキッドがとてもよく働きました。部屋の空気がさわやかになったと喜んでくださったのですが、鼻炎が止まったとのこと。

家族全員に鼻炎があり困っていらっしゃったとのことですが、リフォーム後はくしゃみ、鼻水が止まり、耳鼻科に行かなくなったとのことです。薬を飲まずに鼻炎が治り、ご家族みなさんで喜んでくださっているとのこと。

何度も経験していることですが、住宅が住む人の健康に与える影響の大きさには本当に驚きます。これからもたくさんの人の健康を増進するリフォームや新築をやっていきたいです。このようなノウハウがあって、本当にありがたいことです。

———————————————————-
こんにちは、吉信秀樹です。
ついに大河ドラマ「真田丸」の最終回が終わりました。ななちゃんと二人で泣いておりました。しかし大蔵卿の局は最後まで足を引きました。私としてはきりが不憫でした。
では、またお会いしましょう!

 

設計、営業・・・工務店の求人

当社はただいま求人を行っています、と言っても実は年中募集しています(笑)。

おかげさまで、現在、受注は好調です。一人一人のお客様によりしっかりとした対応をさせていただくべくスタッフの増員をしたいと考えています。

対象は設計、営業、現場管理、広報・・・まあ、何でもいいかと思っています(笑)。いいかげんなことで恐縮ですが、何を志望される方がきてくれても、合わせて絵をかけるかと考えています。

そうなんです、技能や専門よりもうちの「いやしろの住まい」を広げる仕事がしたいと思ってくれる人が欲しいのです。人物本位です。あとのことはなんとかなるさです(笑)。

心からいい家だと思います。惚れ込んでいます。この仕事は本当にいい仕事です。これほどお客様から感謝される仕事がほかにどれだけあるのだとうかと考えるとなかなかないように思います。やりがいのある仕事です。

私も働きやすい職場を作ろうと頑張っています。少なくともすごくフェアな会社であると思っています。

「奈良で一番感謝される会社になろう!」とはお客様のみではなく、社員や業者さん、はたまた世間にも感謝される会社を目指しています。

そんな大吉建設の仲間になりたい方、ぜひ一度私を面接していただきたいと思います。

——————————————————

こんにちは、吉信秀樹です。
大河ドラマ「真田丸」もいよいよ最終回を迎えます。三女ななちゃんと淋しがっています。終わってほしくないそうです。毎年、そんなこと言ってるんですけどね(微笑)。
では、またお会いしましょう!

 

材木の目利き

先日、吉野まで原木市場のセリを視察にいってきました。檜や杉の丸太が大量に並べられ、順番にセリにかけられます。テンポが速いのに感心します。よう、あれだけ口が動くなあ!

dsc08432

パッと見てあまり変わらない丸太でも全く値段が違います。長いこと木材をあつかう仕事をしてきましたが、ちょっとしたカルチャーショックでした。

dsc08438

これは杉の丸太ですが、立米あたりの単価ですが、左側が3万1000円で右側が1万3000円です。この違いがわかりますか?(微笑)。右側のは「しぶ」といって赤身と白身のさかいのところが黒くなっているのがポイントダウンだそうです。また、写真ではわかりにくいですが、節もポイントダウンになっています。

市場の人は準備をしていますが、仲買人は瞬時にそれを見て値段をつけていくわけです。これはどんくさい人にはできん。

dsc08443

原木を切り出す山も見てきました。なかなか急で作業の大変さが思いやられます。林業も大変ですね。労力から考えると、材木の値段が安すぎる気もします(微笑)。

dsc08451

奈良県の木材のパンフレットなどに使う有名なスポットだそうです。昭和55年に最高値を付けたときは、一本6000万円の値になったものもあるそうです。正直なところ、そんなに高いと何に使ったらいいのかわかりません。

dsc08446

最後に少し茶目っ気を出して、樹齢250年の杉が切られた切り株に立ちました。これ実はすぐ後ろがガケなんです。左のおじさんが押すふりをするので、「押すな~!」と叫んでました(笑)

——————————————————

こんにちは、吉信秀樹です。
今日、長女のひなちゃんが高校の修学旅行から帰ってきます。サイパンに六日です。私の頃とくらべると、なんとぜいたくなものかと思います。最もお金は私が出していますが・・・(笑)。程度は違えど、私の両親も同じような感想を持ったかもしれませんね。
では、またお会いしましょう!

 

「社長さんと話しとったら・・・」

昨日ですが、夕方、ご新規のお客様がリフォームの相談にいらっしゃいました。すでに定年退職されたという男性の方です。最初はアンケートに連絡先を書くのもためらわれていて、
「話を聞いたつごうで見積もりも頼まんかもしれんけどそれでもいいですか」
「相見積もりにするつもりやから、見積もりしてもらっても頼まんかもしれんけどいいですか」と何度も確認されて、お名前を書いてくださいました。

まあ、警戒心たっぷりのご様子で「簡単にはだまされんぞ!」といった雰囲気でした(笑)。

お話をうかがっていると、どうもこれまであまりタチのよくない会社につかまっていたご様子。申し上げるのにはばかられるところもありましたが、お尋ねになりますので、
「言いにくいんですけど、それはやらんでもいい工事でしたね」
などと、説明しながらお話ししていくうちに、ずいぶん打ち解けてくださって、途中から
「絶対、相見積もりにすると決めとったけど、社長さんと話しとったらよそに行きたくなくなってきましたわ」なんておっしゃってくださいました。

結局、お帰りになるまでに
「社長さんと話しとったら、もうほかの話が聞けんようになってきましたわ」と何度もおっしゃってくださって、一度お会いしただけですが、なんとも忘れがたいお客様になりました。

ありがとうございます、この仕事は本当に楽しいものですね。

——————————————————–

こんにちは、吉信秀樹です。
腰の手術後、一時はかなりよくなった!気になっておりましたが、やはりそれなりでした(苦笑)。でも、だいぶよくなったのでありがたいのは間違いないです!気をつけながら頑張ります(微笑)。
では、またお会いしましょう!